2013年5月10日 (金)

ミュージカル「ブッダ」

わらび座さんの手塚治虫シリーズ第3弾。会社に戴いたご招待枠にて、北千住・シアター1010にて鑑賞。・・・実は社内では「ブッダをミュージカルってpgr」的なコメント多数で、正直期待せずに観に行ったんだけど・・・あれ?私スッゴイ好きだったよ!同行のtomoも「スゲースゲー」言ってたよsmile ミュージカルってそもそも「なんでここで歌う(&踊る))ねんw」な演劇だし、全てその範疇内で特に違和感とかなかったわ。ところで客演(?)の今井清隆さんの声ってスゴイね!声も歌も素晴らしい存在感だった。わらび座では個人的にはいつも三重野葵さんが気になってるんだけど、今回のタッタもよかったわ~。人間離れした(←これ、超褒め言葉ね)ルックスと動きで!ますます好きになったlovely シッダールタの戎本みろさんも、最初はブッダのイメージとしてピンと来なかったんだけど、だんだん慈愛に満ち溢れて見えてきて、「付いて行きます!」「付いて行かせて下さい!」って思ったpaper

ミュージカル「ブッダ」

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

手塚治虫ドラマシアター3

渋谷ギャラリー ル・デコ5Fにて鑑賞。前回と席配置が変わっていたが、やっぱり狭々しいcoldsweats01 満席だったので尚更。端っこの席を選んだら、鑑賞中 隣室の楽屋(?)のドスンドスンという振動が気になってgawk (声まで聞こえていたというSho様たちよりはマシか・・・) 今回は4作品の公演。冒頭の「指」は正直原作を読んだかどうか思い出せないまま観たが・・・やっぱり分からなかったcoldsweats01  テンポ良く仕上がっていたけど、「モモンガのムサ」目当てで来ていると思われる子供たちが、サッパリ分からずポカーンとしている風だったw 「生けにえ」、オクチンもチクワナも純朴そうで好感持てたけど、無駄なシーンや長すぎる暗転が多かったので全体的にすごくダラついてる感。。 ”手塚先生”も頑張ってたけどw 「モモンガのムサ」は、、ムサ役の女の子(松浦美唯)が可愛かった、よかったhappy01 クスノキの住人の3羽鳥たちもとてもよかった。兄弟役の少年には、「セリフをかむことは誰でもあるが、プロのつもりだったらトチったことを見せてはいけない」と伝えたい。。あと近くの席でずっと号泣してる中年女性が気になってorz 出演者のお母さんなのだろうか、まぁそれなら気持ちは分かるが、正直こちらはドン引き、興醒めw 休憩を挟んで後の「人面瘡」は、力が入っていたなぁ。テンポも良く、芝居として面白かった。個人的には今回、この殺人鬼役の樋山右京さん?(悪そうな杉村太蔵みたいな人w)が1番好きだったわー。・・・とまぁ好き勝手書きましたが、次回もあるならまた観てみたい。

手塚治虫ドラマシアター

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

宝塚歌劇「ブラックジャック」

信濃町へ移動して、ジョン万次郎でランチして、日本青年館へ。雪組東京特別公演「ブラック・ジャック~許されざる者への挽歌」鑑賞。・・・勝手に予想していた以上によかった!男装女性によるブラック・ジャックに違和感はなかった。・・・っていうか正直これまで、「男装女性に女子がキャーキャー言うってpgr」ってちょっと思ってたんだけど、イヤ、あるわコレw 雪組男役TOP3(と勝手に決め付けたが)の皆様に、何度か「惚れてまうやろー!!」って思ったsmile 女役の皆様も、マネキンみたいな美しさで、頭ちっちゃすぎてビックリしたeye 世の中にはこんなに見目麗しい方々だけが集まる世界があるのねぇ~shine 脚本もよかったと思うんだけど、BJの指の痙攣話は回収しなくてよかったのか??それだけモヤッとしたかな。そしてBJ役の未涼亜希さん、終演後のご挨拶がまさかのカミカミで、男前なだけに何やら微笑ましかったw

宝塚「ブラックジャック」

| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

椿

ラーメンズのコントDVD、ワタゾーより借り見。・・・これはただのコントと呼ぶのはなんか申し訳ない。渾身の芝居、じゃないだろうか。。 ”劇団出身”的なニオイがするのだが、ラーメンズって何者!?

椿

| | コメント (4)

2012年10月25日 (木)

大宮にて。

仕事後、tomoに付き合って吉田拓郎LIVE@大宮ソニックシティ大ホール。そごうで腹ごしらえ(ラーメン)してから参戦。2時間15分くらいだったかしら?私はガチの拓郎さんファンではないけれど、知ってる曲もいろいろあって嬉しかったし、知らない曲でも楽しかったhappy01 前回(3年ちょっと前か)途中で中止になったツアーの時より、イイ声出てたと思った。優しい声も男らしい声もどっちも好きheart04 ・・・honoはいつものベビーシッターI塚さんと良い子でお留守番してましたshine

大宮にて。

| | コメント (2)

2012年8月 9日 (木)

手塚治虫ドラマシアター vol.2。

渋谷ギャラリー・ルデコにて鑑賞。1回目の公演は見そびれたんだけど、「バイパスの夜」「角」「赤の他人」とオムニバス3本だからvol.2からでもいいんんじゃなかろうかと思って行ってみた。とりあえず会場に着いてビックリ!ハコ狭っ!客席少なっ(30席くらい?)!っていうか客席、パイプ椅子!!・・・ということで正直あまり期待せずに見始めたんだけど、、面白かったわ。舞台の近さもなんか新鮮でワクワクしたし、印象に残るいいキャストさん揃ってたと思う(私的に特に気になったのは、岡雅史さん、森健太郎さん、宮島はるかさん)。個人的には「角」が面白かったんだけど、これって大人テイストの話じゃないかhappy02 しかし観客に子供がいた(親子連れで微妙な空気になっていたような・・・)のでそれが気がかりで、100%笑いきれなかったのが残念coldsweats01 演出的には「赤の他人」のアキラ少年以外の人たちの、出番以外の時の待ちポーズがみんなすごくよかったなぁ。特に森健太郎さんなんか顔もヤバくてよかった! 秋にvol.3公演予定だそうで、また行けたら行きたい。

手塚治虫ドラマシアター。

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

AKB総選挙!

やっぱこの3人がキタね~!まぁ私には優子しか考えられなかったがbleah 麻里子様のスピーチは、さすが大人shineでカッコよかった!

15

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

池袋。

JRのステーションバー的なところで朝食。昼はサンシャインの青葉。

舞台「陽だまりの樹」観劇。ゲネプロの時の感想にプラスαするならば・・・まぁ当たり前だけど、ゲネの時よりこなれてて(特に吉川さんw)安心して観れたhappy01 勝海舟がパワーアップしててアドリブが冴え渡り(カックンチョからのペッタンチョ、ってww)、吉川さんのリアクションと共にかなり楽しませてもらったsmile 瀬下尚人さんとやら、今後注目させていただきます!石倉三郎氏もトバしてて面白かったなぁ。上川さんが回収し切れずに困っていたw ちなみに前回観終わった後に「そういえば伊藤高史さんはどこにいた??」と思ったんだけど、よく見たらしっかりヒュースケンだったねw あ、ヒュースケンの護衛の田舎者2人(ダラ~ズラ~の人たちw)もよかったね。岡本健一氏のだんだん荒んで行く男の姿も巧かったし、ハセジュンはやっぱりイヤラシかった!(←褒めてるのよw) 改めて、笑い有り、鬼気迫る瞬間も有りで、いい舞台だと思ったshine カーテンコールも何回もやってくれて、最後はスタンディングオベーションで盛り上がった!吉川さんはやっぱスターだったし、岡本健一さんの今回の役柄と全く違うキュートな笑顔にギャップ萌え~lovely 

池袋。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

三越劇場四月公演 絹の手ざわり~縁。

あらすじ:大正3年、日本橋にある「丸源」は人気女優の松井須磨子や女流作家の与謝野晶子が贔屓にしている老舗呉服店であった。嫁いで3年になる若女将の多津子(かとうかず子)は昨年病院で子供が望めない身体であることを宣告されてから、大女将の凛(岡田茉莉子)からの風当たりが強く肩身の狭い思いをしていた。ある日、2代目当主六衛門の部屋に呼ばれた多津子は凛より夫の守がよその女との間に子供が出来たことを告げられる・・・。

tomoのお客様からのご招待で鑑賞@三越劇場。日本橋三越って、うちらは場違いな感じだわ~coldsweats01(しかしまぁせっかくだから、開演前にハロッズでティータイムもしてみたけどw) お芝居は正直、出演者も地味だし、話もなんか地味な昼メロみたい・・・とか思っていたんだけど、普通に面白かったわ。休憩時間入れて3時間強、ちっとも苦痛じゃなかった。しかし登場人物の年齢と、役者さんの実年齢が合わな過ぎて笑ったけどcoldsweats01 大正時代の人たちの考え方と自分のギャップは大きかったなぁ。やっぱ「嫁して3年 子無きは・・・」って考えが当たり前だったのね。でもその反面、多津子が思いのほか「私、産めなくてすみません」な感じじゃなかったのにはちょっと違和感。夫が妾に産ませた子を引き取って自分の子として育てるという、姑のアイデアに反発しすぎててビックリした。え、私だったら、自分で産めないんだったらこりゃぁ渡りに船って思うけど?って思っちゃった。・・・私がサバけすぎ??

日本橋三越。

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

「陽だまりの樹」ゲネプロ。

池袋サンシャイン劇場で今日夜から公演スタートの舞台。昼間のゲネプロを鑑賞。・・・予想以上に面白かったわ~shine 上川隆也さんが巧いのは分かってたけど、未知数だった吉川晃司さんもよかったhappy01 岡本健一さんは、相変わらず顔小っちゃいなぁ~。鬼気迫る役柄に合ってた。でも意外と出番少なかったなぁ~coldsweats01 岡森諦さんの悪人顔には笑っちゃったなぁ~。あの方、持って生まれたあの顔で喰っていけるねw 花影アリスさんとやらは、何に出てらっしゃる方なのかしら?全然知らなかったけど、所作とかが目に焼きつく、心に残るキレイな人だった。あーあと個人的には、8Jの頃に超可愛かった長谷川純君が、イヤラシイ若旦那役でビックリしたcoldsweats01 演出的には、最初の方「・・・何これ?テレビかよ?!」って思わず笑っちゃったりしたけど、全般的に好きだった。勝海舟の「そうです、私が勝海舟です(←”変なオジサン”風に)」とかも好きだったしw あーでもヒュースケンメインの辺りだったかしら、ちょっとモタモタしてるというか、退屈な感じの箇所があった。。 最後はちょっと「えっ、これで終わりなんだ!?」感もあるけど、これでもかと降る桜がすごかったからいいか~cherryblossom 東京公演はあっという間に完売したようですが、この後5月に大阪・名古屋を巡回する方はまだチケット残ってるようなので、お近くの方は是非行ってみて下さいねwink あ、あと完全に余談だけど・・・観劇にいらしてた有名人の方々(T木宏様、U梶様、Iノ原様)もステキだったheart01 (←これって個人情報漏洩になる??ヒヤヒヤsweat01

「陽だまりの樹」ゲネプロ。

| | コメント (0)