2013年7月12日 (金)

キャッシュな関係 全4巻 (あさぎり夕) 講談社コミックスなかよし

あらすじ:父の借金のカタに、好きでもない相手と婚約させられた桜。ぜったい返すぞ、1億円!降って湧いたパニックに、ピンチだ、パンチだ、まけてたまるか!桜、爆発!!

中学生の頃に好きになり、大学生の頃まで読んでいたあさぎり夕作品。これは読んだことなかったので、久々のチャレンジ!・・・ハハハ、何を描いても”あさぎりワールド”になるんだなぁ。気が強くて惚れっぽい主人公女子(桜)、影のある男(忍)、野性的な男(夏樹)、、わっかりやす~いw 4巻に出てきた「強い男は好き 見ているだけでうれしくなるから でもキズついた男はもっと好き そばにいてやりたくなるから」が見事に彼女の世界観を表現していたww そして・・・え~、これで終わり!?と言わずにはいられない中途半端な「完」に衝撃。あとがきによると、事情により続きは無期延期だそうなorz

キャッシュな関係

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

キングダム③④(原泰久) 集英社・ヤングジャンプコミックス

I藤ちゃんより借り読み。秦王・政も山の王も、立派な王だなぁ~。勝ち目がなさそうな人数だったのに、気付けばもう本殿到達!犠牲もあったものの、素晴らしい闘いだ。ワクワクする!・・・「キングダム」、自分でも買いたくなってきたsmile

キングダム

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

暗殺教室⑤ (松井優征)

あらすじ:殺せんせー暗殺を確実なものとするため、防衛省はE組に新しい教師を派遣した。彼は烏間に代わり生徒の訓練担当になるが、常軌を逸した教育方針で・・・!?

ハタピーより借り読み。今回も面白かった!このセンス好きだわ・・・(シンプルな表紙も、燃え尽きてる中表紙も含めwww)。読めば読むほど殺せんせーが好きになる一方、鷹岡は超”胸糞”野郎だったので、渚くんの「捕まえた」には惚れたsmile

暗殺教室

| | コメント (1)

2013年7月 4日 (木)

14歳①~③ (楳図かずお)

あらすじ:西暦2121年。文明の発展は地球を死に追いやった。地球上では様々な天変地異が起こっていた―。食品工場で生まれた謎の天才科学者・チキンジョージの目論見は?そして人類の未来は・・・。

「14歳」は読んだことがなかったのだ!巻数が多いから、きっと面白いのだろう・・・と思ったんだけど、、ナニこの不思議な話!とりあえず、チキン・ジョージの誕生、緑色の赤ちゃんの大量発生、クローン人間の実験・・・ときて、次は何が起こるのか?先へ進もう。

14歳

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

キングダム①②(原泰久) 集英社・ヤングジャンプコミックス

あらすじ:時は紀元前―。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!

I藤ちゃんより借り読み。「キングダム」、連載開始は2006年だったのねflair 2~3年前から掲載誌でチラチラ読んでいたんだけど、始まりを知らなかったので読みたかったんだよね~shine そしていきなり、現在の登場人物たちの出会い!・・・そうだったのかぁ~。これまでチラ読みしながら「???」だったいろんなことが腑に落ちた。読んでよかった!人を引き付けるストーリー展開も魅力。以降も楽しみdash

キングダム

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

はじめて赤ちゃん~ふたりめ編(阿部潤)

・・・まず言っときますが、うちに二人目が出来たわけではございません、悪しからずcoldsweats01 それはさておき、個人的には「まんが親」みたいに何度か読み返すほど「スゴク面白い」ワケではないんだけど、「ほのぼの面白い」というか。。 とは言え、濃厚なキッスのとことか、ボーカルとギターが一緒に歌っちゃうとことか、志村ケンなとことか、地味に吹いたww

はじめて赤ちゃん

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

テルマエ・ロマエⅥ(ヤマザキマリ)

あらすじ:瀕死の恩人・ハドリアヌス帝に捧げるべく、巨大プロジェクトに挑むルシウス!そして彼の元に向かうため、悪戦苦闘するさつき!超スケール温泉歴史活劇、ついにフィナーレ!

・・・遂に最終巻なのね~、寂しい~。近年で1番ハマったマンガだったかも。。 最後はなんだか駆け足で終わってしまった感じだけど、潔くて良し!ルシウス、カッコよかったぜ。鉄蔵じいちゃんも、カッコよかったぜ。さつきちゃんも頑張ったぜ。ハッピーエンドで嬉しいheart04 ほっこりしたspa (この6巻も既にもう2回読んじゃったw)

テルマエロマエ

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

ブラック・ジャック創作秘話③ (原作:宮崎克 漫画:吉本浩二)

1巻が大好評だったため再連載になったこの話、3巻を迎えることになろうとは。。 どの話も、あぁ~、知られないまま埋もれてしまわなくてよかった、話してもらって、描いてもらってよかった!と心から思った。会ったこともないけど、やっぱり手塚治虫のことが好きなんだなぁ。。晩年の痩せこけた先生の顔、社長の「イヤだね この頃の話は」という顔、、泣けるweep しかし秋田書店の阿久津さんの若かりし頃の悪そうな顔ったらww

ブラック・ジャック創作秘話

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

楳図かずお恐怖文庫② こわい本~虫(楳図かずお)

収録作品:「蝶の墓」

虫に関する怖い話の短編集かと勝手に思い込んで読み始めたが、長編だったわ。1968~69年連載作品だそうだが、、今読んでも古臭くない。ストーリーもしっかりしてるし、楳図的恐怖表現が心地よかったsmile

こわい本

| | コメント (0)

イアラ短編シリーズ① 愛の奇蹟(楳図かずお)

収録作品:「ねじれた空間」「愛の奇蹟」「雪の人」「烈願鬼」「洞」「きずな」「Smile」、「エッセイ 予言者(?)楳図かずお/中野晴行」

1960~70年代の短編集らしい。・・・楳図作品の真髄(心髄?)は個人的には「恐怖」だと思っているので、そういう意味ではちょっぴり物足りない気もしたが、40年も前に既にこんなに”出来上がって”いたのかと思うとやっぱりスゴイな。そして「奇蹟」と「烈願鬼~遠望の月」にはちょっと泣けたweep

愛の奇蹟

| | コメント (0)

より以前の記事一覧