« そのときは彼によろしく(市川拓司) 小学館文庫 | トップページ | 高田馬場 ジラソーレ »

2013年5月17日 (金)

RDG④ レッドデータガール~世界遺産の少女(荻原規子) 角川文庫

あらすじ:夏休みの終わり、鳳城学園に戻った泉水子は正門でふと違和感を覚えるが、生徒会執行部として学園祭の準備に追われ、忘れてしまう。今年のテーマは”戦国学園祭”。衣装の着付け講習会で急遽モデルを務めることになった泉水子に対し、姫神の出現を恐れる深行。果たして終了後、制服に着替えた泉水子はやはり本人ではなく・・・。

ハタピーより借り読み。今回の出現でようやく姫神のことが分かって・・・ちょっとスッキリshine そしてなんだろう、急に親近感が湧いたというか。。同情もあるけど、それだけではなく。恐れるべき鬼神のように思っていたのが、急に同じ人間のような気がして。「わたしを要介護の老人みたいに扱う気でいるのか」には笑ったw 意外とカワイイな、この人smile そして次巻はいよいよ学園祭本番!どんな企みが待っているのか・・・。

RDG

|

« そのときは彼によろしく(市川拓司) 小学館文庫 | トップページ | 高田馬場 ジラソーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そのときは彼によろしく(市川拓司) 小学館文庫 | トップページ | 高田馬場 ジラソーレ »