« 大山 カバさん公園 | トップページ | 高田馬場 五右衛門 »

2013年5月26日 (日)

ゴースト・ライト(2006・独&英)

あらすじ:著名な作家レイチェル(デミ・ムーア)は、仕事のため目を離した隙に息子のトーマスを自宅の裏の湖で亡くしてしまう。8ヵ月後、息子の死に対する罪悪感を拭えずスランプに陥った彼女は、自宅を離れ別の土地へ。そこで燈台守のアンガス(ハンス・マシソン)という男性と知り合い、毎日一緒に過ごすうちにレイチェルの心は少しずつ癒されていく。ところが友人に招かれたパーティで、アンガスという男性は7~8年前に死んでいることを知らされる・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。正直、観る前の印象は「デミ・ムーア、またゴーストww」的なbleah しかし期待してなかった(失礼)分、余計に面白かった。ゴーストなのか、現実なのか、やっぱりゴーストなのか・・・ホラーなのか、サスペンスなのか、やっぱりホラーなのか??と二転三転する展開は読めなかった!しかしいきなり最初の、主人公が「お仕事終わるまで待っててね」と待たせていた間に息子が溺れて亡くなってしまったのが哀し過ぎて、私とtomoに突然「hono~bearing」とハグハグされて「???」だったhonoが修羅場?coldsweats01

154784520

|

« 大山 カバさん公園 | トップページ | 高田馬場 五右衛門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山 カバさん公園 | トップページ | 高田馬場 五右衛門 »