« 八幡浜のおばさんより | トップページ | 高田馬場 大都会 »

2013年5月19日 (日)

変態村(2004・フランス&ベルギー&ルクセンブルク)

あらすじ:歌手のマルクは、老人ホームでの仕事を終え南仏に向かう。だが大雨の中 道に迷い、車まで故障してしまう。犬を探しにきたという精神障害者の青年ボリスに宿まで案内してもらうと、宿の主バルテルは快く部屋を貸してくれるが・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。・・・邦画タイトルを見ると全く観る気にならない代物なんだけど、原題は「ゴルゴダの丘(キリストの受難)」的なタイトルだし、いろんな映画祭で受賞してるらしいし、、ってことでtry。・・・なるほどなるほど、確かに”変態村”なのだが、やっぱり原題の方がふさわしい、っていうか原題を知らなければ”分からない”シーンがいくつかあるcoldsweats01 せめて邦題を「狂気の村」ぐらいにしたら、もうちょっと受け入れられるのではなかろうか。。 胸糞シーンも多々あるけれど、芸術的だと思える瞬間もあり。。 これはホラー(←の棚に置かれていたが)ではなく、歪んだ愛の話だったと思う。

Img20060607

|

« 八幡浜のおばさんより | トップページ | 高田馬場 大都会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八幡浜のおばさんより | トップページ | 高田馬場 大都会 »