« 高田馬場 あいらくてい | トップページ | 水曜はアランの日 »

2013年4月17日 (水)

漫画家たちの戦争~戦場の現実と正体 (水木しげる、他) 金の星社

収録作品:「白い旗(水木しげる)」「大将軍 森へ行く(手塚治虫)」「死者の行進(楳図かずお)」「噺家戦記 柳亭円治(古谷三敏)」「戦場交響曲(松本零士)」「母について(比嘉慂)」「戦争 その恐怖の記録(白土三平)」「5人の軍隊(秋本治)」

会社宛て献本借り読み。先に読んだ2冊に比べると、泣けなかった。のはきっと、戦場の話があまりに現在の自分の日常とかけ離れすぎていて、頭では理解できても心が追いついていないからだろう。これが再び”日常”とならないことを切に願う。

漫画家たちの戦争

|

« 高田馬場 あいらくてい | トップページ | 水曜はアランの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 あいらくてい | トップページ | 水曜はアランの日 »