« 恵比寿 なかよし | トップページ | 池袋 古奈屋 »

2013年4月20日 (土)

手塚治虫ドラマシアター3

渋谷ギャラリー ル・デコ5Fにて鑑賞。前回と席配置が変わっていたが、やっぱり狭々しいcoldsweats01 満席だったので尚更。端っこの席を選んだら、鑑賞中 隣室の楽屋(?)のドスンドスンという振動が気になってgawk (声まで聞こえていたというSho様たちよりはマシか・・・) 今回は4作品の公演。冒頭の「指」は正直原作を読んだかどうか思い出せないまま観たが・・・やっぱり分からなかったcoldsweats01  テンポ良く仕上がっていたけど、「モモンガのムサ」目当てで来ていると思われる子供たちが、サッパリ分からずポカーンとしている風だったw 「生けにえ」、オクチンもチクワナも純朴そうで好感持てたけど、無駄なシーンや長すぎる暗転が多かったので全体的にすごくダラついてる感。。 ”手塚先生”も頑張ってたけどw 「モモンガのムサ」は、、ムサ役の女の子(松浦美唯)が可愛かった、よかったhappy01 クスノキの住人の3羽鳥たちもとてもよかった。兄弟役の少年には、「セリフをかむことは誰でもあるが、プロのつもりだったらトチったことを見せてはいけない」と伝えたい。。あと近くの席でずっと号泣してる中年女性が気になってorz 出演者のお母さんなのだろうか、まぁそれなら気持ちは分かるが、正直こちらはドン引き、興醒めw 休憩を挟んで後の「人面瘡」は、力が入っていたなぁ。テンポも良く、芝居として面白かった。個人的には今回、この殺人鬼役の樋山右京さん?(悪そうな杉村太蔵みたいな人w)が1番好きだったわー。・・・とまぁ好き勝手書きましたが、次回もあるならまた観てみたい。

手塚治虫ドラマシアター

|

« 恵比寿 なかよし | トップページ | 池袋 古奈屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵比寿 なかよし | トップページ | 池袋 古奈屋 »