« トートーのお迎え | トップページ | カナダ&キューバ土産 »

2013年4月21日 (日)

テルマエ・ロマエ(2012・日)

あらすじ:古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが・・・。

TVでやってたので鑑賞。もう地上波でやるとは!さすが人気作品!!・・・正直観る前は、なんか映画用にムリヤリ女性キャラ作ったんでしょ~?どうなの~?と懐疑的だったのだが、OK、有りgood 日本→古代ローマへのタイムワープも想定外だったが、有りgood 原作ほどの感動(?)と面白さには及ばないが、ちゃんと面白かった。マンガの実写映画化の中では、数少ない成功例の1つに加えよう。濃い顔の役者陣に、乾杯winesmile

Photo_2

|

« トートーのお迎え | トップページ | カナダ&キューバ土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トートーのお迎え | トップページ | カナダ&キューバ土産 »