« 高田馬場 タワン・タイ | トップページ | 高田馬場 大観楼 »

2013年3月19日 (火)

ちはやふる(末次由紀)①~⑳ 講談社・BE LOVE KC

あらすじ:姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は、競技かるたで名人になること。普段は大人しい新が真剣に札を払うその姿に衝撃を受けた千早は、幼なじみの真島太一も巻き込んでかるたの魅力に引きこまれていく。聴力に優れた千早の才能に、そしてかるたを一緒にできる友達ができたことに新は喜ぶが、卒業後はみな別の道を歩むのだった。それから4年後。高校生になった千早は、福井に戻った新がかるたから離れてしまったことを知るが、それでもかるたを続けていれば再会できると信じ、太一と2人、瑞沢高校かるた部を設立する・・・。

Gちゃんより借り読み。最近「このマンガがスゴイ」的な特集でよく目にしていた「ちはやふる」。かるたマンガって何それ?面白いの??と思っていたが・・・読み始めたら止まらない、一気に読んじゃった!(と言っても10日がかりだけどcoldsweats01) へぇ~、競技かるたって、こんな世界なのか~。・・・深いなぁ。面白いんだなぁ。(自分には絶対できなそうだがcatface) かるたマンガとしても面白いし、青春(恋バナ)マンガとしても面白い!早く続きが出ないかしら・・・。

ちはやふる(末次由紀)

|

« 高田馬場 タワン・タイ | トップページ | 高田馬場 大観楼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 タワン・タイ | トップページ | 高田馬場 大観楼 »