« ドクター秩父山㊤㊦(田中圭一) 小池書院 | トップページ | アランと工作 »

2013年1月23日 (水)

鉄道員(浅田次郎) 集英社文庫

あらすじ:娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた・・・。表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」など、珠玉の短編8作品。

tomoに薦めたらかなりハマってくれたので、私も再読。・・・う~ん、再度読んでも泣ける。「鉄道員」も「角筈にて」も、自分に子供が出来てから読むと、また尚更crying まさに珠玉の短編集!!(しかし「悪魔」の世界はよく分からない。。)

鉄道員

|

« ドクター秩父山㊤㊦(田中圭一) 小池書院 | トップページ | アランと工作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドクター秩父山㊤㊦(田中圭一) 小池書院 | トップページ | アランと工作 »