« 高田馬場 大観楼 | トップページ | 高田馬場 Riabbra »

2012年12月 4日 (火)

REC3~ジェネシス(2012・スペイン)

あらすじ:コルド(ディエゴ・マルティン)とクララ(レティシア・ドレラ)の結婚式当日。祝福され和やかに進行していた披露宴は、コルドの叔父が突如変貌し、参列者を襲撃し始めたことで一変する。さらに襲われた人間も何故かおぞましい「感染者」となったことで、会場は阿鼻叫喚の地獄絵図と化した。この混乱のなかで離ればなれになった2人だが、互いの生存を信じて必死に探しだそうとするのだが・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。あら、RECシリーズの新作出てたのね~、とりま観ときましょ的なノリだったんだけど・・・なんだコレ、ひょっとして良作じゃないかshine ”ハンディカメラ撮影(風)の粗い映像で楽しむ”というREC本来の雰囲気からは離れてしまったけれど、そこはもう別作品として割り切ればいいじゃないか。そしてRECシリーズ観てる人なら最初っから「あーあ、感染源ココか」って分かるし、「そして人生最良の日のはずが、最悪の日になるワケねorz 分かりますcatface」って話なんだけど、、それだけじゃぁなかった。最初はフィフィにしか見えなくて特に魅力を感じなかった花嫁さんが、途中からもうミラジョボビッチ@バイオハザードか!ってくらいカッコ良かったり、ストーリーの伏線回収もバッチリだし、最後なんかグロいシーンもあるのにちょっと感動したわweep オススメ。

120221_rec3_main

|

« 高田馬場 大観楼 | トップページ | 高田馬場 Riabbra »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 大観楼 | トップページ | 高田馬場 Riabbra »