« M脇さんより | トップページ | 椿 »

2012年12月14日 (金)

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編(竜騎士07) 星海社文庫

あらすじ:雛見沢村で何度も繰り返される”昭和58年6月”を激しい闘いの末、ついに乗り越えた部活メンバーたち。100年の旅の中でずっと夢見ていたプール遊びへと出かけた梨花は、その帰りに交通事故に遭ってしまう。目覚めたのは学校の保健室。しかしそこは、奇妙に運命が分岐した別の”昭和58年6月”だった―。元の世界へと戻る方法を探す梨花。だがその方法は、梨花に重大な選択を迫るものだった・・・。

ハタピーより借り読み。気付けばタイトルが「解」じゃなくて「礼」になっている。そうか・・・ついについに本当に終わりか。長いシリーズだったが、最初読み始めた時は「ハイハイ、ラノベノリねww」ってかなり軽く思ってたんだけど、、教えられることがいろいろあった気がする。この最後の話も、ええ~、せっかくの大団円の後、また別の世界とか必要ある??って思ったけど、読んでみたらそれはやっぱり知る必要のある世界だったわけで。「気付くこと」「頑張ること」「仲間を信じること」の大切さを胸に植えつけられた。 まだ「ひぐらし=おどろおどろしい話」って決め付けてる人たち、騙されたと思って、小説版を読破してみるといいのですよ。にぱ~☆

ひぐらしのなく頃に解

|

« M脇さんより | トップページ | 椿 »

コメント

終わりましたか。長かったね~。
でもなかなか面白かったね。
部活第2部は「うみねこのなく頃に」?
文庫になっていないので、ブ〇クオフかまん〇らけで買ってこようかな。
参加するかい?

投稿: hataP | 2012年12月18日 (火) 09時37分

わたくしが部活に参加しないだなんて、
そんなことは考えられないでございますわ~
を~っほっほ~

ということで、よろしくお願いしますのですsmile

投稿: FUH | 2012年12月18日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M脇さんより | トップページ | 椿 »