« S田先生より | トップページ | 大山 パドマ »

2012年12月14日 (金)

催眠 完全版(松岡圭祐) 角川文庫

あらすじ:インチキ催眠術師の前に現れた不気味な女性。突然大声で笑い出しては、自分は宇宙人だと叫ぶ彼女が見せる予知能力は話題となり、日本中のメディアが殺到した。その頃、2億円もの横領事件の捜査線上には、ある女性が浮かび上がっていた。臨床心理士・嵯峨敏也が催眠療法を駆使して見抜いた真実とは?

本棚を片付けようとしていたら、久しぶりに松岡圭祐が再読したくなった・・・んだけど、岬美由紀シリーズに再び手を出すほどの勇気と時間はないので、読みやすいところで「催眠」smile う~ん、やっぱり面白いなぁ。映画のせいでB級ホラーなイメージを持たれがちな「催眠」だけど、小説の方はしっかりしたミステリー。しかも静かな感動付き。松岡圭祐作品への入門編です。しかし私ときたらもうすっかり記憶がなくて、オリジナル版とどこが変わったのか分からなかったcoldsweats01 やはりいつか、全作品を古い順に再読していきたいなぁ。

催眠 完全版(松岡圭祐)

|

« S田先生より | トップページ | 大山 パドマ »

コメント

岬美由紀シリーズに手が出ないってわかるな〜bleah
長いから…
でも捨てられない。好きなシリーズだったんで。
そういえば、新刊でないってことは完了したのかしら?

投稿: Yumiko | 2012年12月15日 (土) 12時54分

わかるでしょ~。
美由紀シリーズは面白いがホント長いcoldsweats01
そして私も捨てられない…。
何回かの引っ越しでだいぶ処分したけど、
松岡圭祐は全部残したよん。
なんか今は、Qシリーズとかいうのを
書いてるみたいよ。いつ手を出そう…bleah

投稿: FUH | 2012年12月15日 (土) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S田先生より | トップページ | 大山 パドマ »