« ひぐらしのなく頃に解 第1話 目明し編㊤㊦(竜騎士07)星海社文庫 | トップページ | 参観日→懇親会。 »

2012年11月 8日 (木)

悪人㊤㊦(吉田修一)朝日新聞出版・朝日文庫

あらすじ:九州地方に珍しく雪が降った夜、土木作業員の清水祐一は、携帯サイトで知り合った女性を殺害してしまう。母親に捨てられ、幼くして祖父母に引き取られ、祖父母の手伝いに明け暮れる日々を送る祐一を殺人に走らせたものとは、一体何か?

映画も気になっていたんだけど、とりあえず原作を読んでみた。・・・上下巻、一気に読んだ。うまく言えないが、ハッピーエンドではないが、なぜだろう、「よかった」と言いたい。人に薦めてみたい作品。「悪人」ってなんだ?この話の中で、本当に「悪人」だったのは誰だ?本当に「生きる」とはどういうことか? いろんな出来事をいろんな目線から考えさせられた。映画もきっと観てみたいと思う。

悪人

|

« ひぐらしのなく頃に解 第1話 目明し編㊤㊦(竜騎士07)星海社文庫 | トップページ | 参観日→懇親会。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
ストーリーの組み立ての上手さに驚きました。
もう先が知りたくてサクサクとあっと言う間に読んでしまいました。
でも二人の馬鹿さ加減にイライラもしちゃいました(笑)
映画はもっとあっさりしちゃってるかも。
妻夫木さんとか深津さんが主人公だから絵としてはいいけど(^^;

投稿: あばた | 2012年11月 9日 (金) 12時46分

あばたさん、こんにちは。
悪人は良作でしたねぇ。吉田修一氏の
別の作品も読んでみたいと思いました!
しかしあばたさんはさすが!
原作も映画も押さえてますねぇ~shine

投稿: FUH | 2012年11月 9日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひぐらしのなく頃に解 第1話 目明し編㊤㊦(竜騎士07)星海社文庫 | トップページ | 参観日→懇親会。 »