« 高田馬場 眞味 | トップページ | 大山 サンラーメン専門店 »

2012年9月19日 (水)

TATARI(1999・米)

あらすじ:LA。かつて狂人外科医バナカットによって夜ごと残虐な人体実験が行なわれたバナカット精神病院跡の館。人々に恐怖を提供するテーマパークの経営者にして大富豪のプライスは、悪妻エヴリンの誕生パーティをこの呪われた館で開く計画を立てる。パーティの晩、集まったのは夫妻と5人の男女。だが夫妻は彼らを招待した覚えはなく、彼ら自身もなぜ招かれたのか不審がる。お互いに相手の企みを探り合う夫妻だが、プライスはかねての計画どおり、5人の客に「この館でひと晩過ごせば1億円の賞金を出す」というゲームを提案。すると突然、館はシャッターで封鎖され全員が閉じ込められる・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。・・・なぜ邦題「TATARI」なんかにしたのかね?なんか映画と雰囲気合ってないよん。原題「House on Haunted Hill」のままがいいと思うんだけどcatface それはさておき、この映画で何が1番面白かったって、冒頭、新しいテーマパークのアトラクションを紹介するプライスの”ドッキリ”だったsmile ってまぁそれもさておき、普通に面白かった。ホラーというよりサスペンス要素が強かったというか、「インシテミル」みたいな”疑心暗鬼”モノとして面白かった。あ、あとマッドドクター関係のシーンもよかった。回転幻覚装置(?)のとことか、ビデオカメラを通すと見える手術シーンとか。。 しかし後半になってからはテンションがた落ち。”館の呪い”怨霊のCG映像が全然怖くないんだもん。。 でも最後笑ったw 「俺は○○なんだー!!(←壮大なネタバレなので伏せとくbleah)」と叫んだ兄ちゃん、そしてまさかイイワケが通用する世界だったとはww そうして「オイオイ、この後どうするんだよ??」というツッコミと共に終わった映画でしたとさcoldsweats01

Houseonhauntedhill1999

|

« 高田馬場 眞味 | トップページ | 大山 サンラーメン専門店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 眞味 | トップページ | 大山 サンラーメン専門店 »