« わたしがママよ 決定版(森本梢子) | トップページ | 台湾土産。 »

2012年9月23日 (日)

第9地区(2009・米)

あらすじ:南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化していた。南アフリカ政府は“第9地区”に仮設住宅を作り、彼らを住まわせることにする。そして28年後、第9地区はスラム化していた。超国家機関MNUはエイリアンの強制移住を決定。現場責任者ヴィカスはエイリアンたちに立ち退きの通達をして回ることになるのだが・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。最初は、あれ?もしかして壮大なB級映画だったか??と思ったんだけど、だんだん良くなってきた。(エイリアン、あれだけの科学力を持ってるんだったらもっと早く何とか出来たんじゃね?とかツッコミどころは満載だけどcoldsweats01) 単純な「エイリアンVS人間」モノではなくて、エイリアンと人間の共存からは社会問題、人種差別、人間(?)関係、遂には友情まで見えてきた。ヴィカスも最初はただの頼りなさそうな冴えないオッサンと思い、感染後は気の毒だと思い、でもだんだんワガママになって、クリストファー(←賢いエイリアンさん)に暴力振るうわ、挙句「エビ(←エイリアンのこと)は好きにしていいから、俺は見逃してくれ」とかどんだけクズだよ!と思ったが・・・お約束展開で戻って来てよかったsmile 最後にはカッコ良く見えて来たw そして荒地で妻へのプレゼントを作りながらクリストファーを待っている(らしい)彼の哀愁漂う姿に、予想外の切ない気持ちで終わった。。 3年後に彼がきっと戻って来てくれると、私も信じているよ!

001

|

« わたしがママよ 決定版(森本梢子) | トップページ | 台湾土産。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
ちょっと考えちゃう映画ですよね。
外面は確かにB級なんですけど(笑)
ラストのお花にはホロリでした。

投稿: あばた | 2012年9月25日 (火) 15時47分

あばたさんはきっと公開当時に映画館で
ご覧になってたのでしょう?
よくちゃんと憶えてらっしゃいますよねー!
私なんて観てもすぐ忘れちゃって…coldsweats01

投稿: FUH | 2012年9月26日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたしがママよ 決定版(森本梢子) | トップページ | 台湾土産。 »