« 取れたて野菜! | トップページ | ミノルンより。 »

2012年7月19日 (木)

舟を編む(三浦しをん)

あらすじ:玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられることに。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか・・・。

海苔さんより借り読み。辞書編纂という非常に地味な仕事の話なんだけど、なんかワクワクした。ワタクシ大学では国文学専攻だったし、かなり辞書のお世話になってきたはずなんだけど、辞書作りの背景なんて考えようとしたこともなかったもんなぁ。。 現在の自分の適当すぎる言葉遣いにもちょっと反省!(でも変える気はないけどbleah) とにかくこういう新しい世界に出会えることは喜びです。仕事の話と人間関係の話のバランスも良く、読みやすい。良作shine

舟を編む(三浦しをん)

|

« 取れたて野菜! | トップページ | ミノルンより。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取れたて野菜! | トップページ | ミノルンより。 »