« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

池袋散歩。

池袋散歩。
ガチャガチャして、ブルーシールでアイス食べて、ねこぶくろ行って、バスで帰る!

| | コメント (0)

池袋 清江苑。

池袋 清江苑。

| | コメント (0)

2012年6月29日 (金)

DVD「トムとジェリー 協力しよう!編」

BOOKOFFで@250円。すぐに観ると聞かず、夕飯食べながら小さいTVでご鑑賞coldsweats01

DVD「トムとジェリー 協力しよう!編」

| | コメント (0)

神はサイコロを振らない(大石英司)

あらすじ:10年前 海上にて忽然と消息を絶った報和航空402便YS-11機が突如、羽田空港に帰還した。しかし68名の乗員乗客にとって、時計の針は10年前を指したまま。戸惑いながらも再会を喜ぶ彼らとその家族を待ち受けていた運命とは・・・。

基本的にSF分野は苦手なので、加藤教授の説はよく理解できないままストーリーを追ったけど・・・なかなか面白い、いい話だった。10年ぶり(乗員乗客にとっては数時間だけど)に再会できたというのに、3日後にはまた消え失せてしまわなければいけない運命だという彼ら。たった3日で何ができるのか、何のために戻って来れたのか、もう一度別れの悲しみを味わわせるのか、と最初は疑問に思ったけれど、多くの人たちにとって意味のある3日間だった。(悲劇に終わった人もいたけれど・・・sweat02 でも彼女も、自分のやりたいことをやりきったのだと思いたい。) ハッピーエンドとは言えないけれど、再び動き始めた時間を感じて、切なくも清々しかった。

神はサイコロを振らない(大石英司)

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

DVD「日本昔話① かぐやひめ・したきりすずめ」

BOOKOFFで105円で売ってたから買ったんだけど、アニメのクオリティはともかく、チャプター区切りとか性能ヒドっcoldsweats02 でもまぁhonoは喜んで見てるからいいか。。 しかし改めて見ると、どっちもひどい話ねcoldsweats01 昔話って残酷~sweat01

DVD「かぐやひめ・したきりすずめ」

| | コメント (0)

池袋 メゾンカイザー。

今日は午前休。久々にメゾンカイザーの網焼きランチ@1,500円。・・・う~ん、数年前にハマって通ってた時ほどお肉もポテトも美味しく感じられないのはなんでだろう。前はパンももっと焼きたてに感じたんだけどなぁ。私が変わったのか、お店が変わったのか・・・catface

池袋 メゾンカイザー。

| | コメント (0)

2012年6月27日 (水)

ミノルンより

ミノルンより
やなせたかし先生が漫画家協会理事長を退かれるに当たってご挨拶に配られた物だそうで、honoに譲ってもらった(^O^) アンパンマンタオル、アンパンマンポーチ、てのひらを太陽にハンカチ。

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

久しぶりに

お熱が出て、保育園早退ちゃんwobbly しかし「ほーちゃん、アタマいたいのー。どこかぶちゅけたかも・・・」発言には笑ろたcoldsweats01

久しぶりに

| | コメント (2)

2012年6月24日 (日)

大山 味楽園。

トートーのお迎え。ビルの1~2Fに新しいパチンコ屋・楽園がOPENしててにぎやかナリ。味楽園(あ、こっちも”楽園”じゃんw)で初ランチ。ご飯、味噌汁、キムチ、ナムル、サラダ、果物付きで@980円と安いが、味は普通coldsweats01

大山 味楽園。

| | コメント (0)

シール貼り!

シール貼り!
三年前に張り替えた壁紙は、シールと落書きでもはや見る影なし(;´・`)

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

映画鑑賞中!

honoはホラーじゃないので心配ご無用bleah 「やさしいライオン」と「ジャングル大帝」を観たよ。

映画鑑賞中!

| | コメント (0)

ホステル(2005・米)

あらすじ:オランダ、アムステルダム。アメリカから来た大学生のパクストンとジョシュは、バックパッカーでヨーロッパの旅を楽しんでいた。途中、フランスからアイルランド人のオリーが加わってからは、彼らの遊びは益々過激になり、アルコールやドラッグで毎夜騒いでいた。ある日、ホテルの門限を過ぎ、通りをふらついていると、ドラッグでハイになった男に声をかけられる。男は3人を部屋に入れると、デジカメの全裸の女の画像を見せる。このホステルに行けば最高の女と楽しめると聞いた3人は、スロバキアに向かうのだった・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。先日③を先に観てしまったホステルの①。③を観ちゃってただけに予想はついてたけど、やっぱり怖くて痛いbearing でも引き込まれてハラハラドキドキしながら観た!タランティーノ・マジック?? しかし”エリート(金持ち)”が自分の欲望のために他人の命を犠牲にするなんて、もちろんあってはならないことだけど、、でもきっと世界のどこかでこんなことが今も起こっている、そんな気がしてならなかったcatface とりあえず、皆さん、知らない人に付いて行ってはいけませんよcoldsweats01 あ、あと余談だけど、日本人旅行者の2人組女子って、日本人じゃなくない?喋り方が変だ。東洋人を大雑把にキャスティングするの、やめてほしい。(って、ひょっとして本物の日本人だったらスマソcatface

Images

Images2


| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

僕の生きる道(橋部敦子)

あらすじ:中村秀雄は進学高校の生物教師。無難に安定した将来を望んでいた彼に、余命1年の宣告が下る。今までの28年の人生を後悔した彼は、残された時間で精一杯、自分らしく生きようと決心する。憧れのみどり先生に思いを告げ、生徒にも積極的に関わっていく彼に、周りの先生たちも影響を受けていく・・・。

2003年に放送されたTVドラマのノベライズ。ドラマもちゃんと観てたわけじゃないんだけど、気にはなっていたので、今さらながら読んでみた。・・・よかった!!これ読みやすいから、みんな読んでみればいいと思うflair 中村先生が生徒たちに、そして自分自身に語りかけた本のくだりを抜粋しよう。「ここに1冊の本があります。この本の持ち主は、この本を読みたいと思ったので買いました。しかし、今度読もうと思いつつ、すでに1年が経ちました。この本の持ち主は、これを読む時間がなかったのでしょうか。いえ、たぶん違います。読もうとしなかった。それだけです。そのことに気づかない限り、5年経っても10年経っても、持ち主がこの本を読むことはないでしょう」・・・本当にそう思う。本当に忙しい人、時間が無い人の方が、時間を大切にできる。自分ももっと”今”を大切に生きなければいけないと、改めて思った。

僕の生きる道(橋部敦子)

| | コメント (2)

ポーの一族(萩尾望都)全3巻

あらすじ:青い霧に閉ざされたバラ咲く村にバンパネラの一族が住んでいる。血とバラのエッセンス、そして愛する人間をひそかに仲間に加えながら、彼らは永遠の時を生きるのだ。その一族にエドガーとメリーベルという兄妹がいた。19世紀のある日、2人はアランという名の少年に出会う・・・。時を超えて語り継がれるバンパネラたちの美しき伝説。

「少女マンガの名作」として名前は聞いてたけど未読だったのよねー。へぇ~、連作短編的な感じなのね。・・・個人的にはちょっと”少女マンガの王道”すぎてハマれなかったけど、この作品が多くの女性から支持・評価されてることには納得でした。しかし「火の鳥」を読んだ時も思ったけど、”不死”って怖い。。 不死を求める人間の気持ちというのが、私には全く理解できない。限りがあるからこそ、生が輝くのだと思うがな。本作のバンパネラたちも、美しく哀しかった。

ポーの一族(萩尾望都)全3巻

| | コメント (0)

2012年6月19日 (火)

ゆきりんより。

フッ素歯磨き、学習カード(ひらがな、時計)shine

ゆきりんより。

| | コメント (0)

整形美女(姫野カオルコ)

あらすじ:20歳の繭村甲斐子は、名医・大曽根に全身の整形手術を懇願した。「なぜ?」その美しい肢体を前に戸惑う大曽根に、自らの「計画」を語る甲斐子。一方、甲斐子の元同級生・望月阿倍子は甲斐子の写真を手にオペ室に向かう。幸せを夢見て、新しい容姿を選んだ2人が手術後に辿るそれぞれの生き方は・・・。

姫野カオルコ作品、久し振りに読んだ。この話には、最初から大曽根同様、私も戸惑った。いわゆる「絶世の美女」である甲斐子がなぜわざわざブサイクに整形するのか?? でもだんだん、なんとなく分かってきた。解説の言葉を引用すると、「最大多数の大衆にとっての美人」と「自分にとっての美人」は違う、ということ。。 最初は「不思議な作品」と思ったけど、読み終えてみたら結構、整形に関する考え方とか、なるほどなぁ~と思うところがあった。個人的には整形の是非を問おうとは思わないが、みんな「自分にとっての幸せ」を見つけられればいいね。

整形美女(姫野カオルコ)

| | コメント (0)

2012年6月17日 (日)

トートーのお迎え!

からの~ ガチャガチャ!

トートーのお迎え!

| | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

大山 楽顔亭。

大山 楽顔亭。
ひよこ会。

| | コメント (0)

「アンジュール」「たまご」(ガブリエル・バンサン)

海苔さんより借り読み。2冊の絵本。サラリと描かれてる感じの絵だけど、巧い。「アンジュール」は分かりやすい話。犬の寂しさが特に、単純なタッチでスゴイ表現されてる。「たまご」の方は、実はこの終わり方がよく分からん。鳥が怒ってる顔が怖くて、絶対人間みんな喰われちゃうぞ~と思ったのに、なぜまた卵。。


| | コメント (2)

2012年6月15日 (金)

「好き~( ̄▽ ̄)」「ヤだ~(>_<)」

過剰な愛情をhonoに嫌がられる哀れなトートーcoldsweats01 そしてhonoが「痛いの痛いの飛んでけ~!」をする時に、「痛いの痛いの、トートーに飛んでけ~!」と言い始めたw ヒドイww

「好き( ̄▽ ̄)」「ヤだ(>_<)」

| | コメント (2)

2012年6月14日 (木)

働きマン(安野モヨコ)全4巻

あらすじ:週刊『JIDAI』の女性編集者、松方弘子29歳、元巨乳。寝食も忘れ凄まじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは、人呼んで『働きマン』。仕事人間の松方だけでなく、松方の周りで働く様々なタイプの人達の視線を通して、「働くとは何か」を問う! 

以前途中まで読んでそのままになってたので、もっかい最初っから一気読み!・・・う~ん、松方さんカッケーhappy02 「あたしは 仕事したなーって思って死にたい」は名言。自分はこんな戦場みたいなところで働いたことないけど、松方弘子には全然似てない生き方だけど、でも公私共になんか「わかるわかる」ってこと多々。

働きマン

| | コメント (0)

2012年6月13日 (水)

高田馬場 眞味。

高田馬場 眞味。
ハラミ定食@780円。

| | コメント (0)

2012年6月12日 (火)

初ツッコミ!(^^)!

初ツッコミ!(^^)!
tomoがふざけていたら、honoが突然「とーとー、なんでやねん!」と( ̄▽ ̄)

| | コメント (3)

2012年6月11日 (月)

デュラララ!!⑪(成田良悟)

あらすじ:「竜ヶ峰君や紀田君には、俺は直接絡んじゃいないよ。だって、これから絡んで引っかき回すつもりなんだから―」東京・池袋。この街を襲う様々な謀略で、ダラーズに関わる者たちが消えていき、吸い寄せられるかのように一つの所に集っていく。門田を心配する遊馬崎と渡草、マイペースに愛を語らう美香と誠二、大人の事情に巻き込まれた波江、そして部屋の主である療養中の新羅たち。一方、意識不明の門田を見舞う杏里の前に現れたのは、捕まったはずの情報屋だった。帝人と正臣を煽る彼の発言に杏里の心はかき乱されていく。そんな混乱する池袋の街中に投下された、セルティの首。様々な騒ぎの中、首無しライダーが下す判断とは・・・。

ハタピーより借り読み。んー、久々なので、前どこで終わってたのか、どんな話になってたのか、思い出す作業から入らなきゃいけなくて~catface これから読み始める人は、第1部がもうすぐ完結するらしいので、それから一気読みした方がいいんじゃないかしら。。(って、記憶力が無いのは私だけ?) しかし久し振りだが、相変わらずのノミ蟲さんにイライラしたぜぇ~。そしてまさかここで”首”がこう出て来るとは!!これにはさすがに吃驚coldsweats02

デュラララ

| | コメント (0)

高田馬場 NEW INDIA。

高田馬場 NEW INDIA。
ほうれん草とチキンのカレー。

| | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

カメラマンごっこ。

カメラマンごっこ。

| | コメント (0)

2012年6月 9日 (土)

ホステル3(2011・米)

あらすじ:独身さよならパーティの為に、ラスベガスへやってきた男性4人。ギャンブルを楽しむ最中、セクシーな女性二人に誘われて、怪しげなクラブへ繰り出す事に・・・。クラブで思う存分楽しんだ彼らだったが、翌朝目覚めると、一人の姿が無い。昨晩一緒だった女性のホステルに彼を探しに行くと、彼らも謎の集団に拉致されてしまった。たどり着いた先は、人が人を拷問し殺戮を繰り返す会員制クラブ、”エリート・ハンティング・クラブ”だった・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。「ホステル」シリーズは観てなかったのに、tomoが「モーテル」シリーズと間違えて借りてきたgawk 「③から観るのイヤなんだけど!」とか言いながら仕方なく観始めたのだが・・・あら、3からでも全然OKだったし普通に面白かったhappy01 残酷だったけどcoldsweats02 ツッコミどころも諸々あるけどcoldsweats01(最初のスキンヘッドはなぜいつまでも残されていたの?依頼者のはずだった彼はなぜハメられたの?会場のセキュリティ甘すぎない?) ・・・しかしこうなったら遡って1と2も観るしかないな。。 それにつけても、妖しい誘惑には乗っちゃイカン!ってことでcatface

Hostel_part33

| | コメント (0)

2012年6月 8日 (金)

地上最大の手塚治虫展@世田谷文学館

地上最大の手塚治虫展@世田谷文学館
予想してたより見応え有り。ちゃんと全部見ようと思ったら何時間かかるかしら。。(私は1時間半で時間切れ&集中力切れ) 余談だが私、最寄駅の「芦花公園」を「あしかこうえん」だと思ってた、、恥ぃ(;´・`)

| | コメント (0)

高田馬場 つけ蕎麦安土。

高田馬場 つけ蕎麦安土。

| | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

バクマン。⑲(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)

あらすじ:亜城木夢叶とエイジの新連載対決は、最高達が一歩リード!しかしなぜかコミックスではエイジに思わぬ差をつけられてしまう。それでも自分達の信じるマンガを描き続ける2人。その想いがついに、実を結ぶことに!

ハタピーより借り読み。おお~、いよいよクライマックス感満載だね!しかし、このネット社会でいかにもありそうな事件が邪魔をする~bearing でもま、こんなことで壊れる2人じゃないよね!愛情はもちろん、仕事の方も、うまくいくことを信じて次巻(いよいよラストかな??)を待つ!

バクマン。

| | コメント (0)

高田馬場 叙々苑。

高田馬場 叙々苑。

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

AKB総選挙!

やっぱこの3人がキタね~!まぁ私には優子しか考えられなかったがbleah 麻里子様のスピーチは、さすが大人shineでカッコよかった!

15

| | コメント (0)

2012年6月 5日 (火)

バウムクーヘン(ユーハイム)

Mariちゃんよりhappy01 自分でビリビリ開けて、「ほーちゃんのケーキだ!」と大喜びdelicious

バウムクーヘン(ユーハイム)

| | コメント (0)

北新宿 TAIJI'S AROME。

焼き鯛ケッパーソース添え@700円。

北新宿 TAIJI'S AROME。

| | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

悲鳴伝(西尾維新)

あらすじ:彼の名は空々空。どこにでもいない13歳の少年。風変わりな少女・剣藤犬个が現れたとき、日常かもしれなかった彼の何かは終わりを告げた。ひどく壮大で、余轍もなく荒唐無稽で、しかし意外とよく聞く物語は、そんな終わりを合図に幕を開ける。人類を救うために巨悪に立ち向かう英雄は、果たして死ぬまで戦うことができるのか!?

ハタピーより借り読み。・・・この世界に慣れるまでにひどく時間を要したため、この1冊に1週間以上かかったわcatface そして、いつにも増して感想が書きづらい・・・。う~ん、どう考えても愉快な話ではなかった。むしろ不快なシーンが多いよねwobbly でも読むのをやめる気にもならず、、という不思議な感じ。この作品は結局何が言いたかったのだろう。ストーリーとして完結しているわけではなく、切ない中 放り出されて終わった。。(イヤな感じではなかったけど・・・)

悲鳴伝(西尾維新)

| | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

お父さんのお迎え。

お父さんのお迎え。

| | コメント (0)

2012年6月 2日 (土)

大山 はちな。

N村君、Oちゃんも誘ってbeer 初めてのお店だったけど、奥に掘り炬燵席もあるし、焼き鳥美味しかったし、よかったshine (店員さんが少ないのだけが難点か。。) 楽しかった!

大山 はちな。

| | コメント (0)

エアコン洗浄中!

エアコン洗浄中!
初めて業者(つっても、いつものクマさんの知り合いだけどw)に頼んだ!今まだ途中だけど、、予想以上に汚なっ(´Д`) 2台で15,750円ナリdollar

| | コメント (0)

2012年6月 1日 (金)

初マンモ!

早退で、蓮根・ベルーガクリニックに乳癌検診を受けに行った!マンモグラフィー・・・確かに日常生活ではありえない程に乳をつぶされたけど、噂に聞いてたような痛いモンではなかったよbleah マンモとエコーの結果はすぐに教えてもらえて、「気になるところは何もない」とのこと。よかったshine honoに、蓮根駅近くのパン屋で「アンパンマンのクリームパン」購入。自分には、板橋区役所近くの「けんぞう」で鯛焼き~delicious

初マンモ!

| | コメント (3)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »