« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

ただいまo(^-^)o

買ってもらった恐竜シールブックと栃木キティハンカチを眺めてゴキゲンのhonohappy01 「オサルさん、見たねぇ」「雨ふったねぇ」「大きいのオフロ入ったねぇ」といろいろ憶えているようで、よかったflair

ただいまo(^-^)o

| | コメント (2)

3D宇宙・恐竜館。

なんとお猿のショーを見てる間に大雨になってたcoldsweats02 ホントは「とりっくあーとぴあ日光」へ行きたかったんだけど断念。徒歩にて移動しながら途中の店でラーメン食べて、雨宿りがてら「3D宇宙・恐竜館」へ。・・・まぁ案の定honoは怖がって3D映像の恐竜なんか見やしなかったけどw

3D恐竜館。

| | コメント (2)

日光猿軍団。

honoが「ほーちゃん、オサル好きなんだー」と言うので、ここが今回の旅行の主要目的だったんだけど・・・これまた想像してたよりショボかったcoldsweats01 おさるのショーは1時間以上あって、確かにお猿さんたち頑張ってたし可愛かったけど、大人1人2,500円は高過ぎるわdown でもショー終了後、「おさるさーん、バイバーイ!!」と叫ぶhonoが可愛かったからいいかw

日光猿軍団。

| | コメント (2)

公園発見!

公園発見!

| | コメント (0)

おはようございます(^O^)

おはようございます(^O^)

| | コメント (4)

2012年3月30日 (金)

鬼怒川パークホテルズ。

部屋食&露天風呂付き部屋にこだわったので、ちょっとした海外旅行くらいの値段になったけど、満足じゃshine

鬼怒川温泉。

| | コメント (4)

鬼怒川公園駅から散歩。

鬼怒川公園駅へ移動中の電車で爆睡のhonosmile 吊り橋を渡って、ロープウェイへ。山頂の「おさるの山」は予想よりショボかったけど、餌やり楽しかったhappy01

鬼怒川公園駅から。

| | コメント (0)

日光東照宮。

日光東照宮。

| | コメント (2)

お出かけします(^O^)/

6時台に家を出るのは久しぶり!!池袋で朝カレーして、いざ出発!

お出かけします(^O^)/

| | コメント (2)

2012年3月29日 (木)

パパがも一度恋をした ①~④(阿部潤)

あらすじ:山下吾郎・38歳(丸3年間ニート中)。・・・のもとに現れた、不審な中年男。その正体は、亡くなったはずの妻・多恵子!?

掲載誌で昨年末あたりからチラ読みを始めて、そしたらこのマンガがどんなふうに始まったのかが気になり始めちゃって、ウッカリ買っちゃったbleah ちなみに始まりは・・・唐突だった!なんの具体的な説明もなく、突然オッサン来たww しかし1巻の多恵子はホントにオッサンで、これを愛するのはキツイわ~って感じなんだけど、これがだんだん可愛くなってくるのsmile 実際に画も可愛くなってるんだけど、それだけじゃなくて、だんだん多恵子(オッサン)が愛おしくなってきちゃうの。キャッキャウフフしてる吾郎と多恵子(オッサン)を見たくなっちゃうのlovely ・・・そんな自分がちょっとコワイcoldsweats01 

あ、思い出したから追記。基本的には可愛いラブコメディで好きなんだけど、トカちゃんというヤツが出て来る話はいつもお下品でちょっとキライgawk

パパがも一度恋をした(阿部潤)

| | コメント (5)

2012年3月27日 (火)

北新宿 キッチン早苗。

北新宿 キッチン早苗。
日替わりランチ680円。

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

SAW5(2008・米)

あらすじ:九死に一生を得たFBI捜査官ストラム(スコット・パターソン)は、ほぼ無傷でゲームを生き抜いたホフマン刑事(コスタス・マンディラー)こそがジグソウ(トビン・ベル)の後継者なのではないかと疑い始める。一方その頃、密室になったとある部屋のコンクリートの床の上では、犬の首輪をはめられた男女5人が目覚めていた・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。4まで観てそれっきりになってたので、そろそろ続きをとcoldsweats01 現在進行形の話と回想シーンが混ざりすぎて「え?今いつ?ナニ?」ってなりがちだった(私だけ?)けど、ジグソウのとアマンダと、もう1人いる・・・と思われていた人物の正体と経緯が分かってスッキリflair ちなみに、痛すぎる選択肢はもちろん相変わらずで、私だったら間違いなくむしろ爆死の方を選ぶ・・・と思ったbleahsweat01 ところで、ジグソウの元妻に渡された遺品は、結局中身はなんだった?私が気付かなかっただけじゃなく、まだ明かされてない、でOK?? とりあえず、次へ進んでみるかdash

20080903020fl00020viewrsz150x

| | コメント (0)

高田馬場 眞味。

高田馬場 眞味。
カルビクッパ定食@750円。

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

大山 ひとやすみ。

大山 ひとやすみ。

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

アラン誕生会。

アラン、31歳birthday honoもちゃんと「おめでとう」言えましたーhappy01 
バーベキューにはなんと、ワニの手も登場coldsweats02

アラン誕生会。

| | コメント (2)

池袋 GINZA LION。

池袋 GINZA LION。
遅めのランチ。池袋駅でtomo待ちしてたら、なんと!何年ぶりかでナンパされたw あ、ちなみに推定70歳のお洒落じいさんで、「お嬢さん、一緒にお茶しましょう」って言われた( ̄▽ ̄)

| | コメント (2)

2012年3月22日 (木)

東京国際アニメフェア。

弊社ブースも出てるので行ってみたhappy01 他社ブースにてデビルマン下敷きGETw

東京国際アニメフェア。

| | コメント (0)

朋サン家でランチ!

昼休み、チョリと共に朋サン宅訪問happy01 ゆっこさんも一緒に楽しいランチタイムshine

朋サンから誕生日プレゼントもらっちゃったhappy02 catハンカチ、cat付箋、ヘアトリートメントshine

朋サン家でランチ!

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

時生(東野圭吾)

あらすじ:最愛の息子”時生(トキオ)”が重病の末ついに最期を迎えようとする中、トキオの父・拓実は妻に、実は20数年前に息子に会ったことがあることを告げる・・・。80年代前半、不幸な境遇から人生を投げていた若かりし頃の拓実の前に、トキオは突然現れる。トキオはやけっぱちの拓実を叱咤激励し、姿を消した拓実の恋人を探すのを手伝い、奇妙な二人の捜索行が始まる・・・。

はまょちゃんより借り読み。荒唐無稽と言われてしまえばそれまでの設定だが、それよりもきっと、これが本当だったらいいなぁと思わせられるでしょう。巻き起こる数々の人間ドラマの中で、拓実が人として成長していく姿を嬉しく思い、生きることの意味・素晴らしさを考えさせられる。切なくも爽やかで温かい作品でしたshine 個人的には、手塚治虫が微妙に(名前だけだけどw)絡んでるのが嬉しいサプライズだったsmile

時生(東野圭吾)

| | コメント (2)

2012年3月20日 (火)

小遊三・たい平 二人会。

板橋区立文化会館という超近場で開催ということで、去年からチケット予約して、いつものベビーシッターさん予約して、楽しみにしてましたー。席も前から8列目で、表情まで見えてよかったshine しかし前座の林家木りんは、元々滑舌が良いとは言えないのが早口になっちゃうともはや何言ってるのか聞き取れず、もちょっと修行が必要かな~って感じhappy01 たい平落語は私2回目だったけど、やっぱ分かりやすくて面白くて好きだわ~。噺は「お見立て」かな?顔にお茶っ葉・・・の場面、一番笑ったsmile 小遊三は初めて聞いたけど、笑点で見てる印象とはまた違って、やっぱプロ!!古典落語の「金明竹」? テンポよく小気味よく、笑わせてもらったhappy02

二人会。

鑑賞後は、近くの珈琲・能舞台で軽食。ミックスジュース美味しかった!←珈琲店なのにこのオーダーcoldsweats01

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

お父さんのお迎え

お父さんのお迎え

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

まよよLOVE(^m^)

大好きなはまょちゃん(愛称まよよに決定w)が来てくれて、チュー顔で迫るhonosmile

はまょちゃんが

| | コメント (2)

看護助手のナナちゃん①②(野村知紗)

あらすじ:ナナちゃんは看護助手です。ナナちゃんは病院で働いています。ナナちゃんは日々、病院でいろんな患者さんと出会い、別れます。そんなナナちゃんの日常は、喜びや悲しみが詰まっています・・・。

会社で連載誌をチラ読みしていて、最初は方言が自分に近かった(私は愛媛、この作者は広島みたい)ので親近感を持つようになり、いつしかちゃんと読むようになった。読み切りで読みやすく、内容もなんかいいな~と思って、単行本も買ってしまった。なんだかほっこりするエピソードたちの中、もちろん悲しい現実の話もあるけど、ナナちゃんの目線はいつも温かい。

看護助手のナナちゃん(野村知紗)

| | コメント (4)

2012年3月16日 (金)

大山 カフェトラウ゛ィアータ。

大山 カフェトラウ゛ィアータ。

| | コメント (0)

志村坂上 菜な笑。

AM、tomoと一緒に小豆沢体育館で初心者向けエアロに参加。・・・いい先生で楽しかったhappy01

志村坂上 菜な笑。
濃厚塩つけめん、旨し。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

ジェノサイド(高野和明)

あらすじ:急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが・・・。

海苔さんより借り読み。去年話題だったこの作品、早速読めて嬉しい!んだけど、久々にハードカバー単行本(しかもぶ厚い)を毎日持ち歩いて肩凝ったsmilesweat01 んでも、肩凝っても持ち歩きたくなるくらい、早く読み進めたかったんだよね。派手なwktkはないけど、引き込まれた。壮大なストーリーだったなぁ。。 単なるミステリーではなく、化学、薬学、科学、人類学、更には政治的要素なども深い。私だったら1000年生きてても書けないと思われるこの発想、知識には脱帽。平和ボケしてる私が知らなかったいろんなことを知らされた。本筋ではないけれど、少年兵のくだりは辛かったな・・・。あ、ちなみに余談だけど、この作者って日本人のことキライなのかしらcatface 単に不愉快な役どころを内輪で設定しただけかもしれないけどさ。 とりあえずこの作者の他の本も読んでみたいわぁ~。願わくば、文庫サイズでsmile

ジェノサイド

| | コメント (2)

2012年3月14日 (水)

W.DAY。

社長より、まかないこすめのハンドクリーム、こんにゃくスポンジ、もち肌洗い袋happy01 ゴンスモンより、LUSHの石鹸happy01

ホワイトデー

| | コメント (0)

W.DAY。

S-Bさんより、クマさんのチョコhappy01 ワタゾウより、FABRICE GILLOTTEのチョコhappy01 ミノルンより、銀のぶどうの苺トリュフhappy01

ホワイトデー

| | コメント (0)

W.DAY。

S局長より、Patisserie Abloomの焼菓子happy01 Hっちより、Fraise des Boisの焼菓子happy01

ホワイトデー

| | コメント (0)

W.DAY。

チョリより、LUPICIAの紅茶とクッキーhappy01 ネプチューンという紅茶は初めて。甘い香りshine ハタピーより、「萬久のまめ ソイショコラ」、「桃羊羹と玉羊羹」happy01

ホワイトデー

| | コメント (0)

W.DAY。

シュー長より。・・・なんか色々入ってる~!マカロン(代官山シェ・リュイ)、チョコ、ASIANA航空のボールペン(←なんでやねん)、そして・・・謎の封筒。「幸運の白蛇の皮です。粉が出ますので、そっと開いてくださいね」と書いてあるcoldsweats02 おそるおそる開けたら、新聞紙に包まれた謎の物体が・・・カサカサカサカサカサ!!と動き出した!!! 思わず「んぎゃー!!!」と叫んでしまったwobbly ・・・はい、昔ながらの手作りビックリおもちゃでしたーgawk ちなみに私の悲鳴は、隣の社長室へも聞こえていたらしいw

シュー長より。

| | コメント (0)

大久保 丸亀製麺。

かしわ天、旨~delicious チョリ、ご馳走様happy01

大久保 丸亀製麺。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

バクマン。⑰(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)

あらすじ:ベテラン作家たちが台頭する中で、焦りを感じ始める若手作家陣。一方、東に叔父・川口たろうの影を重ねる最高は、複雑な思いだった。そんな時、亜城木夢叶の下に、あの男から1本の電話が入り、事態は急転する・・・!

ハタピーより借り読み。思っていた通り、黒幕は性懲りもなくアイツだったねcoldsweats01 まぁ結果も、思っていた通りになったけどねsmile でも確かに、このまま終わってしまうのはもったいない。。 七峰、またいつか、今度は自分だけの力でみんなを脅かす存在になって登場すればよいな。 東先生の「これでやっと胸を張って墓参りに行ける・・・」にはジ~ンとしたweep

バクマン。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

高田馬場 眞味。

高田馬場 眞味。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

大山 ぐーばーぐ。

大山 ぐーばーぐ。

| | コメント (0)

紙芝居を

読んでくれるそうだが、自分でエヘヘウフフと笑うばかりで進まない( ̄▽ ̄;)

紙芝居を

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

保育園クラス会。

総勢39名!・・・無事終わってよかったcoldsweats01 これで役員のお仕事、終了shine

保育園クラス会。

| | コメント (0)

トレーニング中?

トレーニング中?

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

にゃおさんより。

にゃおさんより。

| | コメント (2)

高田馬場 豚キホーテ。

このブログからお友達になった馬場友・にゃおさんと初ランチhappy01 久々の豚キホーテshine でも最近はKanonちゃんとママはお家でお留守番になったんだって・・・残念weep にゃおさん>想像通りの可愛いヒトでよかったw 今日は自己紹介的な感じで終わったけど、また時間合う時にはランチ&もっとお話しましょうねwink

高田馬場 豚キホーテ。

| | コメント (2)

2012年3月 7日 (水)

AKB

どうやらhonoはマリコ推しらしいw 「マリコタマ~!!」と叫びながら見てますsmile

どうやら

| | コメント (0)

坂道のアポロン ①~⑧(小玉ユキ)

あらすじ:1966年初夏、地方の高校へ転入した薫。父の仕事の都合で転校を繰り返してきた薫には、学校は息苦しい所になっていた。ところが同級生で不良の千太郎と出会い、優しい律子に恋をし、彼の高校生活は今までと全く違うものに・・・。

ハタピーより借り読み。ハタピーは「風俗や出来事に頼らずに1960年代を表現する見事さ」と評していたが、私は今あらすじを書いてて改めて、ああ~1966年からの話だったか・・・って思った。学生運動とかも出て来て、考えてみればそういう時代の話なんだけど、人間物語としてはあまりに今と同じで違和感がないから忘れてた。ひと言で言えば「青春と音楽のお話」(←ザックリしすぎ)で、良きマンガでしたshine いや、「でした」っつーか、先がすンごい気がかりなところで終わっちゃったの、8巻。せっかくいろんなことがイイ感じで回り始めたと思ってたのに、こんなことになっちゃうなんて・・・。いつか来るハッピーエンドを信じて、この先も読んでいきたい。 ちなみに4月からアニメも始まるらしい(しかもうちのスタジオが制作してるらしい)よwink

坂道のアポロン(小玉ユキ)

| | コメント (0)

高田馬場 王記餃子房。

ランチに行こうとしたらS局長とバッタリで、Sho様&Kさんと共にご馳走になっちゃったhappy01

高田馬場 王記餃子房。

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

高田馬場 CAFE DE PLAZA。

高田馬場 CAFE DE PLAZA。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

ワンピース 65(尾田栄一郎)

あらすじ:魚人島の乗っ取りを謀るホーディたち”新魚人海賊団”に麦わらの一味が立ちはだかる!海中での戦いに苦戦するルフィたちにホーディは更なる凶行を!島に惨劇が迫る!!

Gちゃんより借り読み。前巻がイイところで終わり、今回は勢いの1冊!悪いヤツらが気持ちよ~くブッ飛ばされたsmile 個人的にはブルックさんの諸々のシーンが特に大好きsmilesmile ・・・さて、あらかた片付いたけど、まだ大きな問題が残ってる。けど次巻、ルフィの活躍を期待する!頼りになるヤツだから~lovely

ワンピース

| | コメント (0)

高田馬場 やぶ福。

高田馬場 やぶ福。
五目そば。

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

お友達が来たよ(^O^)

昨夏 路上で友達になったharu君、この春から同じ保育園に入って来ることになった。よろしくねhappy01

お友達が来たよ(^O^)

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

保育園 役員会打ち上げ。

やっと役員終わりだー!嬉しいー! あ、でもまだ来週末にクラス会の幹事があるんだったcoldsweats01

保育園 役員会打ち上げ。

| | コメント (2)

2012年3月 2日 (金)

池袋 YOSHIMI。

カレー&ハヤシオムライス、写真をよく見るとルーが半々なのが分かりますか?2つの味が楽しめて嬉しいdelicious

池袋 YOSHIMI。

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

高田馬場 ニューインディア。

高田馬場 ニューインディア。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »