« 大山 ひとやすみ。 | トップページ | 味噌煮込うどん(芝安) »

2012年1月22日 (日)

神様のカルテ2(夏川草介)

あらすじ:新年度、本庄病院の内科病棟に新任の医師・進藤辰也が東京の病院から着任してきた。彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ一止に対し、砂山は微妙な反応をする。赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、かつてのその姿からは想像もできないものだった。そんな中、本庄病院に激震が走る・・・。

はまょちゃんより借り読み。重いテーマを、誰にでも読みやすい文章で軽やかに書いてあるスタイルに変わりはないのだが、1巻よりこの2巻の方が個人的には数段よかったと感じた。「医師の話をしているのではない。人間の話をしているのだ」、これがこの1冊の全てを的確に表している。厳しい現実を懸命に生きる、優しく美しい人たちの姿に、泣けた。

神様のカルテ2(夏川草介)

|

« 大山 ひとやすみ。 | トップページ | 味噌煮込うどん(芝安) »

コメント

私も2の方が好きですhappy01
切ないけど、私もこんな風に患者さん一人一人と向き合えたらって思いますconfident
ちなみにうちの病院はあんなに良い医者は一人もいませんdash羨ましすぎるbearingbearing

おたんこナースありがとうございますhappy02happy02あるあるすぎてめっちゃ笑ってますcatface
いまパラレルワールドラブストーリー読んでますshine
まだ読み始めたばっかなのに早くも面白いdash

投稿: はまょ | 2012年1月24日 (火) 16時29分

はまょちゃんも、この本に出て来るステキな
看護師さんたちのようになってねshine
(本のような良い医者はいないのか…残念coldsweats01
おたんこナースみたいになってもいいよw

パラレル…は、冒頭がイイでしょ!

投稿: FUH | 2012年1月24日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山 ひとやすみ。 | トップページ | 味噌煮込うどん(芝安) »