« 栗きんとん(つちや) | トップページ | 高田馬場 ねぎし。 »

2011年9月 8日 (木)

告白(湊かなえ)

あらすじ:市立S中学校、1年B組。3学期の終業式の日、担任・森口悠子は生徒たちに、間もなく自分が教師を辞めることを告げる。原因は“あのこと”かと生徒から質問が飛ぶ。数ヶ月前、学校のプールで彼女の一人娘が死んだのだ。森口は生徒たちに、娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだと語り始める・・・。

三つ葉海苔さんより借り読み。「告白」は映画のCFがものすご~く印象に残ってたので、映画もDVDで観ようと思ってたし、是非原作本も読みたいと思っていたのですconfident ・・・分かっていたことだけど、正直読んでて気分の良い作品ではありません。(もう愛美ちゃんが可哀想で可哀想で、少年AとBが憎くて、不幸な偶然の連鎖が悔しくて仕方ない。そして「母」の視点から考えると、「娘を殺された母」「息子が人を殺した母」、どちらもツラい。。) それなのに、読み始めたら最後まで一気に読まされてしまう。。 読中感はもちろん、さらに言ってしまうなら、読後感も・・・ハッキリ言って「救われない」despair ので、気分が落ちてる人にはお勧めしないけど、個人的には一読の価値有りかと。 余談かもだけど、元凶といえば元凶であるAの母を具体的に描かなかったのは、作者の「あえて」でしょうか。。

告白

|

« 栗きんとん(つちや) | トップページ | 高田馬場 ねぎし。 »

コメント

お!?…さすがお早いですなぁ。
どうですかこの読み終えたあとのモッタリ感down
映画は小説よりもう少しスッキリとモタレますw
A母かぁ…死に体の生活に埋もれていく自分に決別して、生まれ変わるように歩み出した輝かしい未来に生きる母親と、過去に取り残され固執するA。
A母の今が描かれていないことが更に現在のAと母親の生きる世界や時間の距離を表してるような気がするス。

最後は強制的にAの望まぬ形でAの居る世界に引き戻されますけど('A`)

投稿: 三つ葉海苔 | 2011年9月11日 (日) 14時49分

これは読んどいてアリな作でした。
ありがとーでしたhappy01

スッキリとモタれる、ってw
ウチの隣席の40代男子にも読ませたけど、
「映画も観たくなった!」って言ってましたな。

投稿: FUH | 2011年9月14日 (水) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗きんとん(つちや) | トップページ | 高田馬場 ねぎし。 »