« 金沢土産。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

2011年9月27日 (火)

バッカーノ!1934 獄中編・娑婆編・完結編(成田良悟)

あらすじ:若手幹部は『ミストウォール爆破事件』の参考人である恋人をかばって刑務所に。殺人鬼はヒューイという『不死者』を殺す快感を求めて刑務所に。泥棒は普通に逮捕され刑務所に。名前を譲った殺し屋はネブラの部長に依頼され刑務所に。錬金術師は最初から刑務所に。サンフランシスコ湾の沖合いに浮かぶアルカトラズ刑務所に、一筋縄ではいかない男達がそれぞれの目的を抱えて集う。一方、NYに残された者やFBIも何かを求めて動きだす。まるで全ての事象が一つに繋がっているかのように・・・。そして、最悪の事件の幕が開ける!

ハタピーより借り読み。・・・2冊で完結かと思い込んで読み始めたら、終わらなかったね!あ、最近、ミリアの話し方が気に入ってるんだね!あ、性格もだね!・・・閑話休題。これまで謎だったことが、また見えて来たなぁ。やっとヒューイの出番が来た、って感じだし、なんとな~く特に気になってたリーザのことも分かったし。。 しかしいつにも増してオールスターこれでもかと登場したけど、見事なバッカーノだったけど、毎度まとまっちゃうから不思議だよなぁsmile 読み応えのある3冊でした、ラノベなのにsmilesmile

バッカーノ!

|

« 金沢土産。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢土産。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »