« 高田馬場 龍福。 | トップページ | 週刊少年チャンピオン。 »

2011年9月 6日 (火)

BM[ネクタール]全12巻(藤澤勇希)

あらすじ:ゴミを食べ、食肉を供給する、バイオ・テクノロジーが生んだ人類の救世主。それがBM(=Bio Meat)。しかし、人の管理を超えたとき、BMはすべてを食らいつくし、無限に増殖を続ける最悪の生命体と化す・・・!

事の発端は先月、会社で立ち読みしたプレイコミック(だったかな?)。夏のミステリー&ホラー特集と銘打って2号に渡って掲載されてた作品、「BM クロニクル」。何気なく読んだところ、これが面白かったのだなぁ~。しかもガチの岡山弁と来たもんだ。早速作者をWikiったところ、やっぱり岡山人w そしてこの「BM クロニクル」は、11年前の作品「BM ネクタール」の外伝だということも分かり、、買っちゃいました~、ネクタールsmile ・・・うん、BMっていう発想がとにかくスゴイflair BM、その存在設定の不気味さだけでなく、視覚的にもちゃんと気持ち悪くてイイ!ハリウッドで上手に作ったら良いパニック映画になると思うなぁ~bleah ということで、面白かったです。

BM

|

« 高田馬場 龍福。 | トップページ | 週刊少年チャンピオン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 龍福。 | トップページ | 週刊少年チャンピオン。 »