« ブラック・ジャック創作秘話(原作・宮崎克 漫画・吉本浩二) | トップページ | アカギ ざわ・・ざわ・・ アンソロジー »

2011年8月 4日 (木)

GOSICK Ⅷ~神々の黄昏 ㊦(桜庭一樹)

あらすじ:監獄<黒い太陽>に幽閉されていたヴィクトリカは、母コルデリアの身代わり計画により脱出。ロスコーとともにソヴュールを離れて海の彼方へ。徴兵された一弥は、彼女を想いつつ戦場の日々をひたすらに生き延びてゆく。アブリルに、セシルに、グレヴィールに、古き世界に大いなる喪失と変化が訪れる。その先に待つものは?そしてヴィクトリカと一弥に再会の日は・・・?

ハタピーより借り読み。・・・遂に、遂に、本当に最終巻なんだねweep 短い1冊なんだけど、丁寧に読んだよ。思いっきりネタバレ感想だけど・・・信じた通りの未来になってよかった。指輪やペンダント、コルデリアや金色の髪、、大事なものもたくさん失ったけれど、2人がやっぱり結ばれる運命でよかったconfident 再会のシーンは、ニヤニヤしながら何度も読み直しちゃったsmile しかし一弥が残した文字が、住所だったとはなぁ~。現実的すぎてちょっと笑ろたw

GOSICK

|

« ブラック・ジャック創作秘話(原作・宮崎克 漫画・吉本浩二) | トップページ | アカギ ざわ・・ざわ・・ アンソロジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラック・ジャック創作秘話(原作・宮崎克 漫画・吉本浩二) | トップページ | アカギ ざわ・・ざわ・・ アンソロジー »