« 高田馬場 豚キホーテ。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

2011年7月20日 (水)

囮物語(西尾維新)

あらすじ:かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子。阿良々木暦に想いを寄せつづける彼女の前に現れた、真っ白な”使者”の正体とは・・・?

ハタピーより借り読み。・・・そもそも私、撫子には好感持ってなかったのね。物語途中でも指摘のあった”自分のことを”撫子”と名前で呼ぶ”ところとか、いかにもイライラするタイプの女子っていうかcatface よって私は最初っから「可愛い撫子」前提で読んではなかったんだけどさ、、いや~、それにしてもこの話は重かったね。人間の、女子の、厭な部分、見苦しい部分、全開だね。しかも”それでもどうせ暦お兄ちゃんがなんとかしてくれるんでしょぉ~”と薄ら笑い気分でいたら、こんな終わり方・・・っていうか終わってない!っていうcoldsweats02

囮物語

|

« 高田馬場 豚キホーテ。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 豚キホーテ。 | トップページ | 高田馬場 一富士。 »