« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

靴下&カブトムシ。

ゆきりんから靴下いっぱいもらったhappy01 秋まで待てずにはいてみるhonosmile 先日商店街で福島応援フェアやってて、そこでtomoが買ったカブトムシの幼虫が、無事大人になったshine このままちゃんと東京で育つのか、ワシには分からんcatface 

靴下&カブトムシ。

| | コメント (2)

お家でプール。

お家でプール。

| | コメント (0)

2011年7月30日 (土)

休日。

最近恒例、「ひとやすみ」でブランチdelicious そのまま池袋行って、お買い物。愛媛のジジババから預かってたお金で、アンパンマンの三輪車GETshine 夕方、mihoちゃん家族と一緒に広場で遊んだhappy01 シャボン玉を追いかけるhonoとmihoちゃん、可愛かったheart04

休日。

| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

大山 あまみ屋。

行列が出来てるのをしばしば見かけてたので、一度行ってみたいと思っていた店。今日通りかかったらちょうど空いてたので、入ってみた!・・・つけめん、私にはちょっと濃かったなぁ。。 2.5玉まで同じ値段で出してくれるみたいなので、若者にはいいのかも。

大山 あまみ屋。

| | コメント (0)

高田馬場 ケネディ。

高田馬場 ケネディ。
ハンバーグカレー。

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

高田馬場 龍福。

高田馬場 龍福。

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

高田馬場 ニューインディア。

チキンカレーdelicious ・・・何度も言うけど、ここのカレーは美味いよ。でもインド人な店長がうるさいから、滅多に行かないだけw しかし今日はランチタイムの客、うちらだけだったよ。。大丈夫なのかしら?

高田馬場 ニューインディア。

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

大山 つけめん与へえ。

いつも駅のホームにラーメン臭を漂わせてくれてる店smile 期待しないで入ったんだけど、美味しかったよdelicious 味噌つけめんもいいけど、やっぱ辛つけめんかな~。

大山 つけめん与へえ。

| | コメント (0)

高田馬場 ケネディ。

セレンディピティが潰れて、ケネディになった。ランチステーキ@600円。・・・うん、600円の味coldsweats01 次はハンバーグを頼んでみようっと。

高田馬場 ケネディ。

| | コメント (0)

あふれた愛(天童荒太)

あらすじ:ささやかでありふれた日々の中で、たとえどんなに愛し合っていても、人は知らずにすれ違い、お互いを追い詰め、傷つけてしまうものなのか・・・。夫婦、親子、恋人たち。純粋であるがゆえにさまざまな苦しみを抱え、居場所を見失って、うまく生きていくことができない―。そんな人々の魂に訪れる淡い希望を、やさしくつつみこむように描く4つの物語。

天童荒太氏、「永遠の仔」にヤラれた&愛媛県出身ということもあり気になっている。ということで短編集。「とりあえず、愛」「うつろな恋人」「やすらぎの香り」「喪われゆく君に」の4編。・・・しかし実は読み始めてすぐに、この本読んだことあったことに気づいたcoldsweats01 んだけど、改めて読んでみた。前に読んだ時より、分かる気がした。「永遠の仔」もそうだったけど、氏の作品は読んでいて「愉快」なものではない。人が生きていく上での苦しみ、痛み、切なさ、と向き合わされる。でもふと気付くと差し込む光があり、温かさや優しさ、癒しもあるんだということを思い出させてくれる。天童荒太作品、もっと読んでみなきゃな~。

あふれた愛

| | コメント (6)

2011年7月25日 (月)

レスト・ストップ2(2008・米)

あらすじ:前作から一年後。失踪したジェシーとニコールを見つけ出すために、彼らの兄と友人の3人が、あの休憩所に降り立つ・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。・・・前作だけだとワケわからなかったことが明らかにされたりして、そういう意味では2も観てよかったかな。しかし相変わらずの幽霊オンパレードで・・・現実感なさすぎbleah 思いっきりネタバレですが・・・「助けたhappy02」と思ったら実は「助けてほしかったのにweep」の連続は、個人的には好き。哀しいけど。

10111995226_p

| | コメント (0)

高田馬場 龍福。

バンバンジー冷麺・・・ちょっとイマヒトツだったcoldsweats01

高田馬場 龍福。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

粘土。

honoに「ワンワン!」とリクエストされ・・・手前のブサイクな2体はワシ、奥のVictor犬みたいなのはtomo作coldsweats01

粘土。

| | コメント (5)

公園。

公園。

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

大山 三ツ矢堂製麺。

ゆず風味のつけめん、夏にはイイと思いますdelicious

大山 三ツ矢堂製麺。

| | コメント (0)

AKB in西武ドーム!

上司S殿が招待されたんだけど、代わりに参戦!最近の有名どころしか曲は知らなかったけど、肉眼だと豆粒だから結局主にモニターで見てんだけど、やっぱ”生”は楽しいねnote 電車の混雑を避けるため私とtomoはアンコール聞かずに帰ったんだけど、、チョリどうだったかな?!

家で良い子でお留守番してたhono、お相手してくれてたmi-koさん、ご協力ありがとうでしたhappy02

AKB!

| | コメント (2)

2011年7月21日 (木)

高田馬場 清。

朋サンとランチデートheart04

高田馬場 清。

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

高田馬場 一富士。

高田馬場 一富士。

| | コメント (0)

囮物語(西尾維新)

あらすじ:かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子。阿良々木暦に想いを寄せつづける彼女の前に現れた、真っ白な”使者”の正体とは・・・?

ハタピーより借り読み。・・・そもそも私、撫子には好感持ってなかったのね。物語途中でも指摘のあった”自分のことを”撫子”と名前で呼ぶ”ところとか、いかにもイライラするタイプの女子っていうかcatface よって私は最初っから「可愛い撫子」前提で読んではなかったんだけどさ、、いや~、それにしてもこの話は重かったね。人間の、女子の、厭な部分、見苦しい部分、全開だね。しかも”それでもどうせ暦お兄ちゃんがなんとかしてくれるんでしょぉ~”と薄ら笑い気分でいたら、こんな終わり方・・・っていうか終わってない!っていうcoldsweats02

囮物語

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

高田馬場 豚キホーテ。

大汗かきつつ、熱々のユッケジャンdelicious

高田馬場 豚キホーテ。

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

池袋 マントラ。

カレー食べ放題@1,200円。普通に美味しかったけど・・・大食ではないウチらには損だなcoldsweats01

池袋 マントラ。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

ハマハマが

ハマハマが
遊びに来てくれた。

| | コメント (2)

2011年7月16日 (土)

帰り道にてバッタリ☆

М野さん&アランhappy01

帰り道

| | コメント (0)

大山 BAR get。

知り合いのお店。年に何回かしか行けないけど、行く時はOPEN時間に合わせて、他のお客様がまだいない頃にお邪魔しますbar honoはオレンジジュースをサービスしてもらってゴクゴクhappy01

大山 BAR get。

| | コメント (0)

大山 じん。

保育園のママ友一家のお店だったんだけど、ご病気のため今は雇われ店員さんだけになってますdespair メニュー等リニューアルされたらしいということで行ってみたんだけど、、普通に美味しかった。店員さんが感じのいい方たちで、友達が帰って来るまでにもまた行ってもいいかなhappy01 (でも正直言うと、メニューに当たりハズレがあるのでご注意をcoldsweats01 以前からそう思ってたんだけど、知り合いの店なので書き辛かったcoldsweats01coldsweats01

大山 じん。

| | コメント (0)

シーリングファン。

リビング的な部屋の照明器具をシーリングファンに替えてみたhappy01 いつもの業者さん(通称クマさん)が安く取り付けてくれた!冷房効率が良くなるかと思ってるんだけど・・・効果あるかなぁ~。

シーリングファン。

| | コメント (0)

池袋 カラ館&ハゲ天。

hono、初カラオケnote マラカス担当smile ランチはハゲ天で、いつもよりちょっと高い天麩羅セットと天丼delicious

池袋 カラ館&ハゲ天。

| | コメント (0)

大山 ひとやすみ。

昨日はボーナス日だったので、今日は外食三昧します!まずは最近お気に入りのコーヒー店でモーニングセットhappy01

大山 ひとやすみ。

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

高田馬場 龍福。

この酢豚は好きな味delicious

高田馬場 龍福。

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

高田馬場 豚キホーテ。

石焼ビビンバ。

高田馬場 豚キホーテ。

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

高田馬場 龍福。

香港料理だった店が、今度は台湾料理になってた!普通に美味しい。

高田馬場 龍福。

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

ヒデ家へお邪魔。

役員(会計)の作業。その前に、カレーをご馳走になるhappy01

ヒデ家へお邪魔。

| | コメント (0)

今日も宅配弁当!

さっき廊下でペンギン歩きしてたら、社長とバッタリcoldsweats01 ・・・イイコイイコされたhappy02 おいらイイ歳なのに、イイコイイコしてもらたhappy02 そんなランチタイムw

今日も宅配弁当!

| | コメント (0)

GOSICK Ⅷ㊤~神々の黄昏(桜庭一樹)

あらすじ:クリスマス当日、ヴィクトリカが所望したのは、15個の謎。必死で謎を集める一弥は、村に起こりつつある異変に気づく。それは、大いなる変化、すなわち”2度目の嵐”の前触れにほかならなかった。迫る別れと自分の運命を正しく予感したヴィクトリカは、一弥にある贈り物をする。一方首都ソヴレムでは、ブロワ侯爵が暗躍、娘ヴィクトリカを武器に権力を握ろうとしていた・・・。

ハタピーより借り読み。・・・帯に「大人気ミステリ、ついに最終章へ!!」って書いてあるのdespair いやだいやだ、終わっちゃイヤなのだ~!!一弥とヴィクトリカ(とアヴリルとセシルと・・・以下省略)の日々を、もっとずっと見ていたいのにweep ・・・と寂しい気持ちで読み始め、予言通りになっていく悲しい展開にますます切なくなり。。 でも珍しく真っ直ぐに語られたヴィクトリカの本音と柔らかい態度には、切なくも嬉しかった。何度も感動のシーンがあった。そして離れ離れになってしまった2人、この後どうなってしまうのか、次巻がすごく待ち遠しくもあり、これで終わってしまうのなら寂しいからイヤだという気持ちもありcrying

GOSICK

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

台湾土産。

ちおちお 台湾出張土産happy01 紅茶、小王子麺、豚(?)ジャーキー、オレオケーキ、パックshine

台湾土産。

| | コメント (0)

肉豆腐弁当。

外に出たくない暑さだったので、ROKOがまとめて注文してくれたhappy01

肉豆腐弁当。

| | コメント (0)

台湾土産。

Hっち 台湾出張土産happy01 つくだ煮的な缶詰とマンゴーゼリーshine

台湾土産。

| | コメント (0)

ブロック。

ブックフェアで買ったブロック、とても気に入った模様happy01

ブロック。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

家がシールだらけ( ̄▽ ̄;)

家がシールだらけ( ̄▽ ̄;)

| | コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

大山 鰻処とらじろう。

honoも鰻丼、大好きですdelicious

大山 鰻処とらじろう。

| | コメント (2)

2011年7月 8日 (金)

東京国際ブックフェア。

自社ブースより、他社ブースで買い物(hono用おもちゃ、DVD)smile あ、自社ブースでも買いましたよ、「ブラック・ジャック創作秘話」はshine

東京国際ブックフェア。

| | コメント (2)

高田馬場 二代目海老そばけいすけ。

前に食べた時の方がエビエビしかったような気がする・・・。今日の印象は、ごくアッサリ。ほのかな柑橘風味が夏にはいいかな。

高田馬場 二代目けいすけ。

| | コメント (2)

2011年7月 7日 (木)

高田馬場 豚田馬場。

ユッケジャンうどん。前食べた時よりだいぶ辛くなってたcoldsweats02

高田馬場 豚田馬場。

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

フランス土産。

ワタゾー フランス出張土産happy01 シャンパン・・・さすがお洒落でいらっしゃるwinesmile

フランス土産。

| | コメント (0)

高田馬場 俺のハンバーグ山本。

先月OPENして、行ってみたいと思っていた店。チョリと遠征happy01 お店イチオシの「俺のハンバーグ」セット@1600円。・・・うん、すっごく柔らかいねdelicious 思っていたより上品な感じshine 野菜ジュース、そうめん、サラダ、味噌汁、ご飯、カレー(おかわり自由)も付いて、満足しましたー。でももうちょっとハンバーグの脇に野菜(希望はニンジン、トマト、カボチャ)が入ってたら、もっといいなぁ~。

高田馬場 俺のハンバーグ山本。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

高田馬場 豚キホーテ。

味美が閉店して、でもまた韓国料理屋になってたhappy01 ・・・最近この辺りの韓国料理屋ではこういうネーミングセンスが流行っているのだろうか・・・トンキホーテw

高田馬場 豚キホーテ。

| | コメント (2)

GOSICKs Ⅳ~冬のサクリファイス(桜庭一樹)

あらすじ:クリスマス前日、聖マルグリット学園は、最大のイベント”リビング・チェス大会”の準備で騒がしい。そんな中、いつものように独り読書にいそしむヴィクトリカ。彼女の退屈を追い払うため図書館塔を上る一弥。グレヴィールの初恋、アブリルの思い、ブライアンとブロワ侯爵の静かな戦い、そして降りしきる雪の中解き明かされるのは、それぞれの”秘密”・・・。

ハタピーより借り読み。相変わらずsシリーズも面白い。グレヴィールの髪型、部下2人の手つなぎ、グレヴィールの人形好きに繋がった事件もやっと分かって大満足。ヴィクトリカと一弥のドタバタほんわかツンデレな関係にも、あらためて萌え~heart04 ゴシックの世界、やっぱ大好きhappy01 ところで裏表紙に「名コンビ最後の平穏な日々を描く、大人気ミステリ外伝」って書いてあるんだけど・・・最後の平穏な日々って?!最後って?!・・・そうなの?crying

GOSICKs

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

レストストップ~デッドアヘッド(2006・米)

あらすじ:恋人とテキサスの田舎町からロスアンジェルスへ家出を企てるニコール。途中不気味な黄色いトラックと事故を起こしかけるが、相手は走り去ってしまう。その後、道に迷ってしまった2人は、公衆トイレをやっと見つける。そのトイレの前には失踪者の張り紙が数え切れないほど張り付けられていた。ニコールはジェスを残してトイレへ入るが、トイレから戻るとジェスも車も消え去っていた・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。・・・低予算でコワイの作っちゃろう!と思ったのですね、分かります。が、、なんか納得できないのなんでだろ~うcatface やっぱ途中から、現実ONLYじゃなくなっちゃったからかな。幽霊たち(ってことでいいんだよね)やフリーク家族が出て来て、なんか現実感なくなって醒めちゃったdown っていうか現実的なことを言えば、私だったらまずあんな汚いトイレには入らないし、ヤバイと思った時点で96km(だっけ?)歩く道を選ぶけどなぁ。。 ちなみにDVD特典映像によくある「別のエンディング」ももれなく3本入ってて、1本目が1番よかった!本編よりこっちのがよかったかもflair

20090806_960856

| | コメント (0)

閉鎖病棟(帚木蓬生)

あらすじ:とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった。彼を犯行へと駆り立てたものは何か?その理由を知る者たちは・・・。

上記あらすじを読んで、いきなり殺人事件が起こるのかと思ってたんだけど、さにあらず。ひたすら丁寧に丁寧に、患者たちの来し方、人となりが描かれ、問題の事件が起こるのは後半も後半。この小説のジャンルも、サスペンスなのかと思いきやさにあらず。良質の人間ドラマです。思いがけず、人の心の美しさや暖かさに触れた。山本周五郎賞受賞作だとは、後から気付いた。

閉鎖病棟

| | コメント (0)

高田馬場 北京。

ものすご~くスタンダードな冷やし中華w

高田馬場 北京。

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

今日のhono。

M岡のおばあちゃんに編んでもらったお帽子で、tomoのお迎えにdash

日曜のhono。

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

池袋 中本。

超久々の中本。やっぱ辛いわcoldsweats02 初めて頼んだ冷やし五目味噌ラーメンが、いつもの蒙古タンメンより辛かった罠coldsweats01

池袋 中本。

| | コメント (0)

笑点。

初めて観覧当選shine 開演3時間前に行ったので、好きな席を選べたhappy01 客席からのオープニングトークで、歌丸さんが隣の隣の前の席に座って、大感激crying 大喜利も楽しくて、大満足happy02 もう一度当選して、今度は両親も連れて行くぞ!!

笑点。

| | コメント (2)

2011年7月 1日 (金)

高田馬場 つけ蕎麦安土。

高田馬場 つけ蕎麦安土。

| | コメント (0)

東京お侍ランド①~③(ほりのぶゆき)

ハタピーより借り読み。・・・あらすじの書けるマンガではないww 歴史パロディ4コマギャグマンガ、的な感じ?うん、このセンス、好き系(但し、一気にたくさんは読めない。飽きるcoldsweats01)。個人的には「この利休にまっ茶ラテを作れと!」とか超好きだったsmile

東京お侍ランド

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »