« 高田馬場 豚田馬場。 | トップページ | 高田馬場 豚田馬場。 »

2011年6月15日 (水)

GOSICK Ⅶ~薔薇色の人生(桜庭一樹)

あらすじ:クリスマス直前の気分に華やぐ聖マルグリッド学園。だが外の世界では「2度目の嵐」が迫りつつあった。父ブロワ侯爵によって首都ソヴレムに召喚されたヴィクトリカ。心配で後を追う一弥。ソヴュール王国最大のスキャンダルにして謎、王妃ココ=ローズの首なし死体事件に挑む二人に侯爵の謀略が・・・。

ハタピーより借り読み。今回の話は、最近で1番ワクワクした!問題が問題で、大きすぎるほど大きかった、というのもあるけど、なんか冴えてたなぁ~。登場人物もGOSICKにしてはMAX級に多かったけど、それぞれがしっかり描かれていて、笑ったり心震えたり、ワクワクしたりハラハラしたり・・・退屈するヒマがない。個人的には、ヴィクトリカが一弥を「かけがえのない友」と呼んだシーン、ジンジャー・パイとコルデリアの一瞬の再会、そして最後に偶然分かったあの人たちの正体、がシビれたBEST3shine

GOSICK

|

« 高田馬場 豚田馬場。 | トップページ | 高田馬場 豚田馬場。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 豚田馬場。 | トップページ | 高田馬場 豚田馬場。 »