« ワンピース 62(尾田栄一郎) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

2011年5月11日 (水)

ましろのおと①~③(羅川真里茂)

あらすじ:津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた澤村雪。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら、自らの音を探す旅を始める・・・。

Gちゃんより借り読み。”赤僕”以来だから、相当久しぶりだわ~、羅川真里茂作品。相変わらず”これぞ少女マンガ”的なカワイイ画shine でもただの少女マンガじゃなくて、しっかり人間模様が描かれているのも相変わらず。津軽三味線なんて「ハジメマシテ」な世界だけど、伝わる。。 音楽モノで青春モノで人間ドラマなこの作品、次巻以降も楽しみにしてますhappy01

ましろのおと

|

« ワンピース 62(尾田栄一郎) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンピース 62(尾田栄一郎) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »