« 池袋 ○かつ亭。 | トップページ | サイゼリヤ。 »

2011年4月24日 (日)

戦国自衛隊(1979・日)

あらすじ:伊庭三尉を隊長とする21名の自衛隊員は、裏日本で行なわれる大演習に参加するため目的地に向かっている時、“時空連続体の歪み”によって400年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。東海には織田信長が勢力を伸ばし、上杉、武田らが覇を競いあい、天下を取ろうと機をうかがっていた時代。成行きから彼らは長尾景虎に加担することになり・・・。

DVDにて鑑賞。古い作品だけど、今観ても充分楽しめる。ネタバレだけど、、最初「近代兵器があるんだから、無敵に決まってんじゃん!」と思ってたんだけど、そんなことなかったね。倒しても倒しても迫って来る軍勢にはゾッとした。昔の戦ってこんなだったんだ・・・って。キャスティングもよかった!千葉真一、夏八木勲はもちろん、みんなイイshine(あ、でも薬師丸ひろ子はちょっと浮いてたかもcoldsweats01) 同じ”戦う男”として心が通じ合う伊庭と景虎の姿は男らしくも微笑ましかったんだけど、、歴史は残酷だったcatface ちょっと余談だけど、タイムスリップしてしまった現代人たちが「歴史を変えてしまっていいのか」と迷う姿が、今ハマっている「JIN-仁」とカブった。この映画では彼らは歴史に抹殺されたけれど、仁の方はどうなるのかなぁ。。

Images

|

« 池袋 ○かつ亭。 | トップページ | サイゼリヤ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池袋 ○かつ亭。 | トップページ | サイゼリヤ。 »