« 牛カルビ弁当(711) | トップページ | ホワイトデー② »

2011年3月15日 (火)

GOSICK Ⅲ~青い薔薇の下で(桜庭一樹)

あらすじ:<青い薔薇>を買ってきてちょうだい― 故郷にいる姉の頼みで、首都ソヴレムに出かけてきた一弥は、巨大高級デパート<ジャンタン>で不気味な体験をした。街に流れる”人間消失”の噂、異様な計算能力を持つストリートチルドレン・・・。深まる一方の謎を抱え、一弥は風邪で寝込んでいるヴィクトリカに電話をする。”知恵の泉”は距離の壁を超え、難事件を解決できるのか?

ハタピーより借り読み。3作目でますます楽しくなってきた、このシリーズ!今回はヴィクトリカがお留守番で、しかもひどい風邪っぴきで、一弥ひとりで大丈夫なのか??と思ったけど、絆は健在。読者だけに見える”ツンデレ”ぶりが微笑ましいww 事件(自体が若干お粗末な感は否めないものの・・・)の解決も面白かった。グレヴィールの髪型の秘密も・・・coldsweats01

GOSICK

|

« 牛カルビ弁当(711) | トップページ | ホワイトデー② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛カルビ弁当(711) | トップページ | ホワイトデー② »