« 池袋 洋包丁。 | トップページ | キル・ビルVol.2(2004・米) »

2011年3月 5日 (土)

キル・ビル(2003・米)

あらすじ:ひとりの女(ユマ・サーマン)が長い眠りから目覚める。彼女はザ・ブライド。自分の結婚式の最中に、かつて所属していた毒ヘビ暗殺団の襲撃を受け、夫やお腹の子を殺されたのだ。奇跡的に回復した彼女に残されたのは、暗殺団とそのボス・ビル(デヴィッド・キャラダイン)への復讐の二文字だけだった。暗殺団のメンバーは5名。その名を記したリストを手に、女刺客の復讐の旅が始まった・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。なぜ今さら?と思われそうだけど、実はVol.2を観ていなかったので、どうせなら2作続けて観ようかとcoldsweats01 キル・ビルって、Vol.1だけだと消化不良なのよね。。 しかし何度観ても印象的なシーン多過ぎw タランティーノの趣味的作品だと思うけど、観てて笑えちゃったりするけど、私はこのセンス好きだな~ww ルーシー・リュウの日本語があまりにも聞き取り辛いのが残念catface そしてGOGO夕張はヒドイ・・・名前といい最期といいヒドすぎる・・・ウケるww

013

|

« 池袋 洋包丁。 | トップページ | キル・ビルVol.2(2004・米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池袋 洋包丁。 | トップページ | キル・ビルVol.2(2004・米) »