« 高田馬場 更科。 | トップページ | 池袋 洋麺屋五右衛門。 »

2011年1月23日 (日)

風の谷のナウシカ(宮崎駿)全7巻

あらすじ:巨大産業文明滅亡後1000年、人類はわずかに残された居住可能な土地に点在していた。そんな中のひとつ、「風の谷」のナウシカは、ある日腐海で王蟲の抜殻に出会う・・・。

さかもっさんより借り読み。古き貴重なANIMAGE COMICSshine ・・・私的にはナウシカといえば映画だけで、コミックがあることを知りませんでした、実はsweat01 読んでみて思ったことは、まずやっぱりあの映画はよく出来てたんだなぁ~ということ。コミックの世界を掻い摘んで作られているけれど、その世界観が減少されてない。むしろある意味、膨らんでいると言っていい。本来逆なのは承知の上で、映画を観てからコミックを読んだ方が世界がつかみ易いのではないかと言いたい。あらためてもう一度、映画も観てみたくなったなぁ。・・・とは言いつつ、アニメ版はひと言で言えば”キレイ”にまとめてありすぎたのかもしれない、とも思う。コミック版のラストは、予想外に重い。この作品のテーマは”自然と人間”ではなく、実は”人間だけ”の問題だったのか。。

風の谷のナウシカ

|

« 高田馬場 更科。 | トップページ | 池袋 洋麺屋五右衛門。 »

コメント

お邪魔致します~(^o^

この作品、ずいぶん前に人から借りて読んだのですが、終わりの方は哲学的な感じになっていろいろ考えさせられた覚えが…。
これだけの世界観を、アニメの仕事をしながら最後まで書き上げてしまうってのは、すごいなぁと思ったものでした(^-^

投稿: Sho | 2011年1月24日 (月) 09時26分

おお、さすがSho様、既読でしたか!
ホント哲学的ですよね・・・正直難しいcatface
すごく忙しい時は鉛筆描きの原稿が掲載されたそうですが
さもあらんsweat01って感じですねcoldsweats01

投稿: FUH | 2011年1月25日 (火) 10時37分

持ち主ですww
ナウシカは読み返してみようと思います
余談ですが『漫画家を目指した俺が崩壊するまでを粛々と語る』は色んな意味で泣けました
駿と関係なくてすみません

投稿: 三つ葉海苔 | 2011年1月29日 (土) 01時23分

持ち主本人って意外と自分の持ってるマンガはしばらく読んでなかったりするんですよねー。是非再読をwink

「漫画家を目指した俺が崩壊するまでを粛々と語る」、一瞬そういう書籍があるのかと思たw あっちですな?ww

投稿: FUH | 2011年1月29日 (土) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 更科。 | トップページ | 池袋 洋麺屋五右衛門。 »