« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

S藤ちゃんより。

退社のご挨拶で、クッキーもらったhappy01

S藤ちゃんより。

| | コメント (0)

ツナとほうれん草の和風パスタ(サンクス)

ツナとほうれん草の和風パスタ(サンクス)

| | コメント (0)

2011年1月30日 (日)

大山 ホルモンみこし。

お出かけ前に自分で歯磨きhonosmileshine tomoを迎えに行って、今日はホルモンdelicious ここは16時までだとサービスメニュー@200円があるので嬉しいhappy01

大山 ホルモンみこし。

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

大山 遊山亭。

愛媛のジジババから「tomoお疲れ様」のお包みdollarが届いたので、焼肉で打ち上げhappy01 この店は初めて入ったけど、、うん、普通w 個人的には上タン塩焼きが好きだったdelicious ご馳走様でしたーshine

大山 遊山亭。

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

大山 すしおんど。

有楽町での試写会は・・・うん、だいたい先に観たみんなが言ってた通りの感想だったcoldsweats01 アノ人以外は、特にキライじゃないよ。でもこのままじゃアレだから、ちゃんと②③まで作ってね、って感じbleah 特許庁へ寄ってから直帰して、honoを迎えに行く前にちょっと癒されに行って、それからtomoと合流して大急ぎで早めの夕飯(もしくは、遅めのおやつw)。すしおんど滞在時間10分強、2人で10皿。(さかもっさん(もしくは三つ葉さんw)>かなり急いでたので、茶碗蒸しは頼めなかったよ~coldsweats01

大山 すしおんど。

| | コメント (2)

高田馬場 純連。

13時から有楽町で用があるので、昼ちょっと早く出てチャチャッとラーメンでも食べてから行こうhappy01 と会社を出て歩いていたら、本日お休みのtomoから「一緒に何か食べようと思って、馬場まで来たよ」とTEL有り。ナイスタイミング!純連、11:30過ぎで既にちょっと待ったけど、味噌ラーメンも塩ラーメンも美味しかったdelicious 油のおかげで食べ終わるまで冷めない。なのに油っこ過ぎたりはしないのよね~noodle

高田馬場 純連。

| | コメント (0)

2011年1月27日 (木)

高田馬場 陳。

高田馬場 陳。
牛肉とトマト炒め。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

大山 笑丸。

ファイトマネーの精算が終わったtomoが、ラーメンをおごってくれましたーw 初めて入ってみたんだけど、塩とんこつラーメンも味噌ラーメンも、なんか惜しい感じだった。。 決して不味いワケではなくて、何かもうひと味足りないというか。。 よく言えば優しい味なんだけど。。catface

大山 笑丸。

| | コメント (0)

高田馬場 一富士。

高田馬場 一富士。

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

戴き物。

K村様&朋サンより、沖縄土産shine 島豚ジャーキー、紅いもたると、「ハブVSマングース」ストラップsmile

戴き物。

| | コメント (0)

戴き物。

Sho様より、美味しいクッキーの差し入れhappy01 M野さんより、honoへお人形。・・・この生き物は何だろう??笑

戴き物。

| | コメント (0)

戴き物。

保育園のみんなから、tomoにお花戴きましたshine T居さんからは、額装したステキな家族写真もshine

戴き物。

| | コメント (0)

tomo試合、無事終了。

負けはしたものの、初めて相手からダウンを奪ったので満足だそうです。来月、プロボクサーの定年を迎えます。応援ありがとうございましたconfident

試合、無事終了。

| | コメント (3)

高田馬場 一富士。

高田馬場 一富士。

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

池袋 洋麺屋五右衛門。

tomo@計量終了!ということで、明日の試合に備えて、炭水化物delicious やっぱりウチは、パスタは五右衛門が一番好きshine

池袋 洋麺屋五右衛門。

| | コメント (2)

2011年1月23日 (日)

風の谷のナウシカ(宮崎駿)全7巻

あらすじ:巨大産業文明滅亡後1000年、人類はわずかに残された居住可能な土地に点在していた。そんな中のひとつ、「風の谷」のナウシカは、ある日腐海で王蟲の抜殻に出会う・・・。

さかもっさんより借り読み。古き貴重なANIMAGE COMICSshine ・・・私的にはナウシカといえば映画だけで、コミックがあることを知りませんでした、実はsweat01 読んでみて思ったことは、まずやっぱりあの映画はよく出来てたんだなぁ~ということ。コミックの世界を掻い摘んで作られているけれど、その世界観が減少されてない。むしろある意味、膨らんでいると言っていい。本来逆なのは承知の上で、映画を観てからコミックを読んだ方が世界がつかみ易いのではないかと言いたい。あらためてもう一度、映画も観てみたくなったなぁ。・・・とは言いつつ、アニメ版はひと言で言えば”キレイ”にまとめてありすぎたのかもしれない、とも思う。コミック版のラストは、予想外に重い。この作品のテーマは”自然と人間”ではなく、実は”人間だけ”の問題だったのか。。

風の谷のナウシカ

| | コメント (4)

2011年1月21日 (金)

高田馬場 更科。

キムチ肉うどんdelicious

高田馬場 更科。

| | コメント (0)

KAGEROU(齋藤智裕)

あらすじ:廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で、二人はある契約を交わす・・・。

シュー長より借り読み。話題の水嶋ヒロ作品smile ・・・ワタクシ基本的にアマノジャクなので、流行モノとか話題モノは読まない傾向にあるのですが、、まぁ身近にあるなら読んでみようかとw (あ、あと慶應同士って意外と仲間意識高い気がするw) さて、肝心の作品についてですが・・・ひと言で言うと、正に前評判通り、「読み易い」のひと言に尽きる!悪く言えばライトノベルレベルってことなんだけど、でも個人的には「読み易い」のは悪くないと思う。どんなに素晴らしいこと書いてても、人に読んでもらうとこまで持っていけなければ、ただの○ナニー作品ですからなbleah ということで本作、文学作品としての評価はともかく、娯楽小説としては有りなんじゃないかしら。誰でも気軽に読めるよgood 「命」を扱った「重い」作品とか思って読み始めたら、肩透かしだよw しかし水嶋ヒロと「オヤジギャグ&なんちゃって」の世界には、どうしても違和感が・・・coldsweats01

KAGEROU

| | コメント (2)

2011年1月20日 (木)

高田馬場 松鮨。

ちらし寿司、サラダ、海老の味噌汁。旨~delicious

高田馬場 松鮨。

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

高田馬場 一富士。

高田馬場 一富士。
かつカレー。

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

高田馬場 一番飯店。

日替わりランチ=豚肉と野菜のスタミナ焼き。ウマ~delicious

高田馬場 一番飯店。

| | コメント (0)

化物語 アニメコンプリートガイドブック

ハタピーより借り読み。とは言うものの、アニメ版には今のところ手を出していない(し、とりあえずこの先も出すつもりはない、今のところ)ので、書き下ろし短々編「ひたぎブッフェ」「まよいルーム」「するがコート」「なでこプール」「つばさソング」のみ読んだ。短いが、ちゃんとツボを押さえてあって、面白いhappy01 (当たり前かw)

化物語

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

高田馬場 NEW INDIA。

チキンカレーdelicious ・・・美味しいけど、やっぱりストレスがたまるgawk

高田馬場 NEW INDIA。

| | コメント (0)

ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007・日)

あらすじ:昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び茶川の所にやってくるようになっていた。淳之介を渡したくない茶川は、再び芥川賞に挑戦しようと決意する・・・。

TV録画してあったので鑑賞。うん、純粋に、よかった。自分含め、この時代を知らない人でも分かる。人の心っていつの時代も同じだな。ベタかもしれないけど、やっぱ人情、友情、愛情、いいな~ってconfident 登場人物の全員が家族みたいに思えてきて、自分もこの街に住んでるような気持ちになれる。一緒になって泣いたり怒ったり笑ったりできる。そんな作品だった。そして茶川の小説が、現実とリンクしていたのにはヤラれた。「見えない指輪」のくだりは、やっぱりいいな。。 芥川賞は取れなくても、もっと大事な家族を手に入れることが出来てよかった。大団円ってやつだなwink

003

| | コメント (2)

3月のライオン⑤(羽海野チカ)

あらすじ:川本3姉妹、二階堂、島田八段、林田先生・・・周りの人々の温かさに少しずつ心溶かされ、学校生活・棋士生活の両面で前を向き始める零。そんな中、明るいひなたの心に影をおとす出来事が。悲しみと悔しさと強さを宿すひなたの泣き顔に、零はある誓いを立てる・・・。

Gちゃんより借り読み。8ヶ月ぶりの新刊なので、前どこで終わってたっけ??状態だったけど、読み始めたらすぐ思い出したflair (Gちゃんがもっかい4巻も貸してくれてたので、ちょっと復習もしたけどsmile) 相変わらず、優しい話だ。でも、優しいだけじゃなくて、ちゃんと人生の厳しさや切なさも真正面から捉えられているから、嘘っぽい優しさじゃないんだな。そしてやっぱり相変わらず、モモちゃんが可愛すぎる~lovely 幼児萌え~heart04 (イヤ、変な意味じゃなくてなcoldsweats01

3月のライオン

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

いないいない~ばあ

いないいない〜ばあ

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

マンガ大戦争1945~1980(幸森軍也)

ミノルンより借り読み。・・・日本のマンガ雑誌の歴史。教科書的・論文的な内容で、読むのに時間がかかった(というか、とっつきにくかったcoldsweats01)けど、読み始めたら興味深かった。・・・でも、「ふんふん」「ほぉほぉ」と読んだものの、知識として頭に残ってはいません、ゴメンナサイcatfacesweat01 ちなみに幸森さんとは先月忘年会で久々に会ったけど、、お変わりなかったsmile

マンガ大戦争

| | コメント (4)

猫物語 白(西尾維新)

あらすじ:”何でもは知らないけれど、阿良々木くんのことは知っていた。” 完全無欠の委員長・羽川翼は、二学期の初日、一頭の虎に睨まれた。それは空しい独白で、届く宛のない告白・・・。

ハタピーより借り読み。羽川さんの、羽川さんによる、羽川さんのための物語、だったな。・・・正直これまでは、羽川さんのことはあまり好きでなかった。うまくは言えないが、何かが気持ち悪かった。その理由がすっかり分かり、そして羽川さんのことをやっと好きになれる一冊だったconfident ”ブラック羽川cat”も、愛らしかったよ。そしてほんのわずかな登場だったにも関わらず、阿良々木暦の存在感は大きかったな。。

猫物語 白

| | コメント (0)

高田馬場 陳。

今一番お気に入りのメニューdelicious カリカリ焼豚が絶妙shine

高田馬場 陳。

| | コメント (0)

行って来ます。

行って来ます。
アトムの帽子と手袋ですo(^-^)o

| | コメント (2)

2011年1月13日 (木)

高田馬場 つけ蕎麦安土。

高田馬場 つけ蕎麦安土。

| | コメント (0)

バクマン。⑪(大場つぐみ&小畑健)

ハタピーより借り読み。さすがに初めてバクマンを読んだ時ほどの興奮とかテンションとかはもう無いけど、相変わらず面白いhappy01 PCPスタート!無事このまま続くのか、ラストのシリーズは結果どう出るのか、、期待して次巻を待つgood

バクマン。

| | コメント (2)

2011年1月12日 (水)

ポトフ。

tomo@絶賛減量中punch ということで、今日の夕飯はポトフdelicious

ポトフ。

| | コメント (0)

高田馬場 一富士。

メンチコロッケ定食。

高田馬場 一富士。

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

高田馬場 一富士。

味噌ラーメン。・・・これはイマイチだったcatface

高田馬場 一富士。

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

HACHI~約束の犬(2009・米)

あらすじ:アメリカ東海岸郊外のベッドリッジ駅。寒い冬の夜に迷い犬になった秋田犬の子犬を保護したパーカー・ウィルソン教授(リチャード・ギア)は、妻ケイト(ジョーン・アレン)の反対を押し切ってその子犬を飼うことに。首輪のタグに刻まれていた漢字「八」からハチと名づけられた子犬は、パーカーの愛情を受けてすくすくと成長していく。ハチは毎朝パーカーを駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣になり、周囲の人々もそれを微笑ましく見守っていた。しかし、幸せな日々は突然の悲劇によって終わりを迎える・・・。

TV録画してあったので鑑賞。日本版ハチ公は観たことあって、ちなみにもちろんよかったcrying それ故にこのリメーク版は、観たくもあり、期待はずれとなることを怖れて観たくなくもあり、、と思っていたんだけど、、やっぱり観てよかったconfident ハチに愛情を注ぐパーカーの優しいまなざしがなんとも嬉しく、もう一度そんなご主人に会いたくて待ち続けるハチの気持ちがよく分かる。ハチが健気で可愛くて、そして可哀想で、後半はずっとtomoと2人で涙ナミタだったweep(動物大好き夫婦coldsweats01) ハチ役の秋田犬たち(3匹?)、名演技でしたdog

20090130004fl00004viewrsz150x

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

容疑者Xの献身(2008・日)

あらすじ:天才物理学者・湯川教授(福山雅治)が生涯で唯一天才と認めた男・数学者の石神哲哉(堤真一)は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子(松雪泰子)に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた・・・。

TVシリーズ「ガリレオ」は何本か見て面白かったし、東野圭吾の本も読んで面白かった。でも連ドラ→映画化、という近年ありがちなこの図式が気に入らず、この映画を観る気はサラサラなかったんだけど、TVでやってたので鑑賞。・・・ちなみに、予想以上に面白かった。観てみてよかったcoldsweats01 ”ひっかけ問題”には、私は種明かしまで全然気付かなかったなぁ。。 推理モノとしてもよく出来た話だったし、人間関係や心理状態を眺めることも興味深かった。石神と靖子の出会いの回想シーンは、微笑ましくて切なかった。人を殺すのはいけないことで、特に無関係なのに殺された人には気の毒だとは思うが、この事件、謎が解けたところで本当に誰も幸せになんかなれない。石神の慟哭に、空しさが残るなぁ。

002

| | コメント (0)

おくりびと(2008・日)

あらすじ:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく・・・。

TV録画してあったので鑑賞。前評判は聞いてたけど・・・期待通りだったconfident マジメ一徹の映画かと思っていただけに、冒頭のご葬儀の「付いてます」にはビックリw 山崎努、余貴美子、本木雅弘、この3人の個性と存在感あっての作品だったなぁ。笑いあり、涙ありの、温かい人間ドラマだった。しかし「納棺師、立派な仕事じゃないか!汚らわしいのはお前の方じゃ!」と、途中まで嫁(=広末)にイライラしたわ~gawk 

20080904000ec00000viewrsz150x

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

高田馬場 陳。

高田馬場 陳。
ワンタン麺。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

お土産。

ちおちお 台湾土産&ワタゾー 沖縄土産happy01 パイナップルケーキとべにいもタルトはテッパンLOVEheart04 黒糖チョコはbyロイズ石垣島だって!ロイズ、、北から南まで手広くやってますなぁsmile

お土産。

| | コメント (0)

デュラララ!!×8(成田良悟)

あらすじ:東京・池袋。表面上は何も変化のないこの街も、夏を迎え、水面下で熱い歪みを抱えていた。孤独な戦いに身を溺れさせる帝人。過去を清算するべく池袋に戻ってきた正臣。帝人を心配しセルティに悩みを相談する杏里。それぞれの思惑で動き始めた三人の行方とは―。さらにその裏側で大人達は別の事件に絡んでいく。ストーカーの影に怯える聖辺ルリと彼女を心配する羽島幽平。弟の悩みを何故かセルティに相談する静雄。杏里と静雄という友人達の悩みの狭間で、首無しライダーが起こす行動とは・・・。

ハタピーより借り読み。・・・休日は終わったね。そしてこれこそが本来のデュラララの世界なのかもしれないけど、、なんだか読後感がスッキリしないなぁ。話が話だったのもあるけど、なんかそれだけじゃなくて。帝人はキモいっていうか、なんかイライラするし。。 そして最後の方 急にガヤガヤしたなぁと思ったら、作者さんもあとがきで触れてた。「次巻からは一冊ごとにキャラクターを絞った話にしていく」そうで、ああヨカタ。 あ、ちなみに今回個人的に一番ハマったのは、” 猫静雄”ww

デュラララ!!

| | コメント (4)

高田馬場 陳。

一昨日、昨日は社会復帰へのリハビリ期間って感じで、今日からやっと本当に普段通りの生活に戻ったなぁ。。 しかし眠しcatface

高田馬場 陳。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

池袋の休日・Last。

ジジババがお留守番してくれるのも遂に今日まで!ということで、今日も池袋へ!(他に行くとこ無いんかいcoldsweats01)  パルコのにんにく屋五右衛門でランチ。ステーキ&ガーリックライス、美味しいdelicious ロクシタンで買い物したら2Fのカフェのスイーツプレゼント券をもらったので、素敵カフェでお茶cafe ボウリングで待ち時間をつぶして、今日のメインイベントの映画「パラノーマル・アクティビティ2 TOKYO NIGHT」鑑賞。・・・正直前作と同じネタは「お、またこれか」という感じでもう怖くなかったんだけど、姉ちゃんがムリヤリ立ち上がって足の骨がポキポキいってたのが~shock 隣に座ってた若い女子2人が何度も「ヤバイヤバイヤバイ!coldsweats02」って静かに盛り上がってたのを、個人的には楽しんでましたsmile

池袋の休日。

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

今日も池袋へ。

本屋さんでラーメン雑誌を立ち読みして気になったお店、東池袋の黒ナベへ行ってみた。なるほど、黒胡椒がキイてて美味しかった。焼豚もシンプルに好きな感じだった。デパートの初売りでお菓子等買って帰宅。

池袋 黒ナベ。

| | コメント (2)

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとう。

この場を借りて・・・皆様、今年もよろしくお願いしますhappy01 今日もhonoはお留守番。私とtomoは熊野神社で初詣&池袋・ラケルでランチdelicious

あけましておめでとう。

| | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »