« おくりびと(2008・日) | トップページ | HACHI~約束の犬(2009・米) »

2011年1月 8日 (土)

容疑者Xの献身(2008・日)

あらすじ:天才物理学者・湯川教授(福山雅治)が生涯で唯一天才と認めた男・数学者の石神哲哉(堤真一)は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子(松雪泰子)に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた・・・。

TVシリーズ「ガリレオ」は何本か見て面白かったし、東野圭吾の本も読んで面白かった。でも連ドラ→映画化、という近年ありがちなこの図式が気に入らず、この映画を観る気はサラサラなかったんだけど、TVでやってたので鑑賞。・・・ちなみに、予想以上に面白かった。観てみてよかったcoldsweats01 ”ひっかけ問題”には、私は種明かしまで全然気付かなかったなぁ。。 推理モノとしてもよく出来た話だったし、人間関係や心理状態を眺めることも興味深かった。石神と靖子の出会いの回想シーンは、微笑ましくて切なかった。人を殺すのはいけないことで、特に無関係なのに殺された人には気の毒だとは思うが、この事件、謎が解けたところで本当に誰も幸せになんかなれない。石神の慟哭に、空しさが残るなぁ。

002

|

« おくりびと(2008・日) | トップページ | HACHI~約束の犬(2009・米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おくりびと(2008・日) | トップページ | HACHI~約束の犬(2009・米) »