« クリスマス会。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »

2010年12月21日 (火)

リーピング(2007・米)

あらすじ:“奇跡”と言われる現象の真相を科学的調査で暴く大学教授キャサリン(ヒラリー・スワンク)は、不可解な出来事が起こる小さな町ヘイブンへ。そこではひとりの子どもが死に、川の水が血に変わっていた。町の人々は謎めいた少女ローレン(アナソフィア・ロブ)が神の怒りを町にもたらしたと信じているが・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。神とか悪魔に対する知識・関心が薄い日本人にとっては、ちょっと難しいというか分かりづらいところはあるけど、ストーリー的にはなかなかの出来ではないかと。途中まで現実っぽい(赤い川~イナゴまでは有りgood)のに、終盤一気にSFもしくはファンタジーワールドになっちゃったのにはちょっと付いて行ききれませんでしたがcoldsweats01 ローレン役の子の目力、スゴかったなぁeye

326991_150x150_001 20070425001fl00001viewrsz150x

|

« クリスマス会。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス会。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »