« ミラーズ(2008・米) | トップページ | 高田馬場 五右衛門。 »

2010年11月28日 (日)

SAW2(2005・米)

あらすじ:前作で明らかになった連続殺人事件の犯人、通称"ジグソウ"がまた例の殺人ゲームをはじめた。しかし、現場に残された手がかりからアジトが判明、主人公の刑事(ドニー・ウォールバーグ)はSWATとともに突入、見事ジグソウを拘束する。ところがジグソウは、まるで警察の突入を予期していたかのように不敵な態度を崩さない。その直後、隣の部屋に数々のモニターが発見される。そこには不気味な部屋に監禁された8人の男女が写っていた・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。前作ほどの衝撃はなかったけど、まぁアリだった、普通に面白かった。テンポよく、あっという間に終わっちゃった!(まぁ実際、短めなんだけどさ・・・) ちなみに前作は「想像して痛い」だったけど、今回は「具体的に痛い」シーンもあって、、怖いトコは見なかったcoldsweats01 っていうか、この辺りやっぱり前作の方がスマートでよかったなぁと思う。「痛いのはイヤ。でも痛いことしないと助からない!あああ~!!」っていう切羽詰った感じがよかったのであって、今回はそこまで意味の無い、痛みのための痛み、暴力のための暴力、的なシーンが多かったと思う。そこが残念。・・・しかし今回は「制限時間が迫る!!」っていうのに完全に囚われていたので、まさかの時間差攻撃には気付かなかった。。 暴力刑事さん、ちゃんと人の話を聞いてルールを守ればよかったのにねcatface 罠にハマったのもちょっと自業自得感アリgawk

20051003001fl00001viewrsz150x

|

« ミラーズ(2008・米) | トップページ | 高田馬場 五右衛門。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラーズ(2008・米) | トップページ | 高田馬場 五右衛門。 »