« いもたき。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »

2010年9月27日 (月)

スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師(2007・米)

あらすじ:19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはスウィーニー・トッドと名前を変え、フリート街に戻って来た。理髪店を構え、パイ店の店主、ミセス・ラペットの協力を得て、ターピン判事への復讐を始める・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。予備知識全く無しで見始めたら、いきなりまさかのミュージカル仕立てでビックリcoldsweats02 しかしジョニデ、歌もイケるのね~。好きではないけど、本当に才能ある人なんだとは思う。ターピン判事はどこかで見たことがある・・・と思いながら思い出せなかったが、調べてみたら「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプことアラン・リックマンだったw ・・・やっぱ存在感あるよなぁ~。ストーリー的には、ベンジャミン・バーカーが復讐の鬼になるのは当然だと思うのよ。復讐を応援してあげたくなる。でも一般市民まで惨殺するのはなぁ、、酷過ぎるbearing (っていうかあれは、手助けしてくれたミセス・ラペットへのせめてものお礼のつもりなのか??) 個人的には志賀直哉の「剃刀」を読んで以来のトラウマもあり(wobbly)当然ながら後味の良い映画ではないけれど、、でもコメディ的要素で若干中和されてて、TOTAL的にはキライじゃなかったかも。。という感じcatface 余談だけど、ミセス・ラペット役の女優さんはティム・バートン監督の奥さんだとか?なんとなくビックリw

008

|

« いもたき。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »

コメント

ジョニデ…器用ですよね~sweat01

この作品、数年前に舞台で観たんですが、その時は市村正親さんがベンジャミンで、大竹しのぶさんがミセス・ラペットでした。こちらもなかなか良かったですdelicious

投稿: 朋 | 2010年9月28日 (火) 02時10分

器用ですねぇ。。 近年のコスプレ(?)&メイク傾向が厭で、旧作も全く観てなかったのですが、旧いトコロはイイですねshine
市村正親さんもイイですね!舞台だと後味は悪くなかったのでしょうか??

投稿: FUH | 2010年9月28日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いもたき。 | トップページ | 高田馬場 陳。 »