« お土産。 | トップページ | 高田馬場 カンタベリカフェ。 »

2010年8月 5日 (木)

零崎人識の人間関係~匂宮出夢との関係(西尾維新)

あらすじ:汀目俊希として中学校に通う零崎人識の許に、友人を名乗る人物が現れた。”殺し名”序列一位、匂宮雑技団の時期エース、匂宮出夢である。その口から発せられた『お願い』とは・・・。

ハタピーより借り読み。人識と出夢の”人間”関係、微笑ましい感じになってたのになぁ・・・。ということでラストちょっと、いやかなり、狐さんを怨んだけれど、、本当はこれでいいのかもしれない。これが彼らの関係としては正しいのかなぁ。。 「最初は敵だった。途中、色々あって。友達のようであって。恋人のようであって。一瞬だけ、家族のようでさえあって。そして最後は― 敵だった。」というところ、切ないけど好きだった。 全体的なストーリーとしては、こんなところで何気に直さん登場だったり、どこからともなく玉藻ちゃんがゆら~りと現れたり、特に深い話ではなくとも面白かった。

零崎人識の人間関係

|

« お土産。 | トップページ | 高田馬場 カンタベリカフェ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お土産。 | トップページ | 高田馬場 カンタベリカフェ。 »