« ラーメンサラダ(711) | トップページ | ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論(著:竹内薫 漫画:松野時緒) »

2010年8月12日 (木)

零崎人識の人間関係~戯言遣いとの関係(西尾維新)

あらすじ:死んだ人間みたいな目をした少年と、顔面刺青の殺人鬼。二人の出会いが、そして語られることのなかった京都連続通り魔事件の真相がついに明かされる!零崎人識の動機と、その無惨なる結末は・・・。

ハタピーより借り読み。他3冊の人識シリーズとは趣が全く異なる。これはむしろ、戯言シリーズ。「クビシメロマンチスト」を違う面々から眺めた話。もちろん普通に面白かったけど。人識と戯言遣いの直接的なシーンがなかったのは、期待はずれというよりはむしろ予想通りというところか。・・・さて、これにて人間シリーズ完結か。残念。

零崎人識の人間関係

|

« ラーメンサラダ(711) | トップページ | ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論(著:竹内薫 漫画:松野時緒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーメンサラダ(711) | トップページ | ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論(著:竹内薫 漫画:松野時緒) »