« フランス土産。 | トップページ | 大山 達城。 »

2010年7月 9日 (金)

化物語㊤㊦(西尾維新)

あらすじ:高校3年生の少年・阿良々木暦は、5月のある日、ひょんな事から2年間ろくに話したことのないクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。実は彼女には体重が殆ど無かったのだ。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さをそっくり持っていかれたのだと言う。実は暦もひたぎと同じような奇妙な体験をしており、その時に忍野メメという怪異に詳しい男の力を借りたのだった。暦とひたぎはメメに相談する為、彼の住む学習塾跡の廃墟ビルに向かう・・・。

ハタピーより借り読み。・・・う~ん、前に読んだ”戯言”シリーズとはまた全く違う顔を見せてくれる。すごいぞ、西尾維新。・・・イヤ、「全く違う」ということはない、明らかに西尾維新テイストではある。でもアレが島田荘司を軽くした系だったとすれば、コレは京極夏彦を軽くした系なのだ。なんだか分からんが、とにかくすごいぞ、西尾維新。「ひたぎクラブ」featuring戦場ヶ原ひたぎ、「まよいマイマイ」featuring八九寺真宵、「するがモンキー」featuring神原駿河、「なでこスネイク」featuring千石撫子、「つばさキャット」featuring羽川翼、いずれも面白かった。ストーリーもさることながら、登場人物たちのキャラの立ちっぷりもさることながら、とにかく言葉遊びのセンスが秀逸。これを真似出来る人を、私は他には思いつかない。。 

化物語

|

« フランス土産。 | トップページ | 大山 達城。 »

コメント

おや、自分の娘より大人気ないぬらりひょんさん。
失礼、かみました。
↑もはや原型をとどめていない・・・(爆)

そうだね、お馬鹿な京極っポイよね。

こちらは「人間シリーズ」終わりましたが、
まだ行けますか?

投稿: hataP | 2010年7月12日 (月) 13時03分

もちろん、まだまだ行けまふ。
・・・あ、かみまみたw

特に全く有益なワケでもないのに純粋に面白い!
っっていう本(シリーズ)は久々だなぁ~。

投稿: FUH | 2010年7月13日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス土産。 | トップページ | 大山 達城。 »