« 大山 博多ラーメン長浜や。 | トップページ | 高田馬場 王記餃子房。 »

2010年6月10日 (木)

ネコソギラジカル㊤㊥㊦(西尾維新)

あらすじ:「よう―俺の敵」 “世界”を、そして“物語”を終わらせるため、「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”に「狐面の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客“十三階段”の向こう側にある“終わり”の果てにあるものは・・・。

ハタピーより借り読み。・・・戯言シリーズが遂に終わってしまった。なんだか寂しい。なんだか残念。やっと出て来た橙色は、なんだかあっという間に駆け抜けて行った感じ。。 もっと知りたかった、もっと説明してほしかったこともある気がするけど、この世界だとこのぐらいでちょうど、なのかな。伏線が全て回収されてない感が残るのは、計算のうち、なのかな。そもそも戯言だしな。とりあえず私的には一応納得の行く、、っていうか、好きな終わり方だったかなconfident 結局よく分からないこともあったけど、私は、いーちゃんのことが好きな友ちゃんのことが好きなんだよーsmile

ネコソギラジカル

|

« 大山 博多ラーメン長浜や。 | トップページ | 高田馬場 王記餃子房。 »

コメント

ぎゃは、ぎゃは、おわったのか。
だけど淋しがることねぇぜ。
嫌でもまた会うことになるからよ!
逃げんじゃね~ぞ!

と、匂宮出夢くんがほざいております。

投稿: hataP | 2010年6月14日 (月) 18時34分

ま、まさかオトサンが出夢くんで来るとはhappy02

私も巫女子ちゃん語もしくは姫ちゃん語を
マスターしたいんだけどねー、全っ然ムリ!
うにーcatface

投稿: FUH | 2010年6月15日 (火) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山 博多ラーメン長浜や。 | トップページ | 高田馬場 王記餃子房。 »