« 冷やし坦々麺(711) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

2010年5月13日 (木)

3月のライオン①~④(羽海野チカ)

あらすじ:桐山零。東京の下町に一人で暮らす、17歳のプロの将棋棋士。彼は幼い頃に事故で家族を失い、深い孤独を抱えた少年だった。そんな彼の前に現れたのは、あかり・ひなた・モモの3姉妹。彼女たちと接するうちに零は・・・。

Gちゃんより借り読み。羽海野チカ作品、久しぶりだけどやっぱりなんというか、センスがいい。好き。人間が人間らしい姿をしているというか、、儚かったり、優しかったり、疎ましかったり、愛しかったり。 零君の成長(人として、棋士として)が楽しみ。しかしこの3姉妹には、ほんわかするなぁ、、カワイイheart04

3月のライオン

|

« 冷やし坦々麺(711) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »

コメント

お疲れ様です~!!
このマンガ、原作がついていないのにビックリしました。
元々将棋がお好きなのか、勉強されたのか…
監修がついているにしても、スゴイなと思いました(^o^
この漫画家さんの作品、私も好きです~v

投稿: Sho | 2010年5月14日 (金) 11時33分

あ、そうそう!私の感想、将棋について全く触れてませんでしたねcoldsweats01 将棋についても、スゴイな~と思ってました。将棋とか碁のマンガって、最近ちょっと興味あるデスeye

P.S. Fの契約書問題、全て解決しました!ありがとうございましたhappy01 …やっぱり殿の名前を出すと違う、のかなw

投稿: FUH | 2010年5月15日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷やし坦々麺(711) | トップページ | 高田馬場 一富士。 »