« 高田馬場 叙々苑。 | トップページ | 天丼&野菜ジュース(711) »

2010年5月 7日 (金)

クビシメロマンチスト~人間失格・零崎人識(西尾維新)

あらすじ:5月。鴉の濡れ羽島で起こった事件から二週間。古都を震撼させる連続通り魔殺人鬼が世間を騒がしている中、「ぼく」こといーちゃんは級友・葵井巫女子とその仲間達と出会い、仲間の一人のバースデイパーティに招かれる。だがその翌日、誕生日を祝ってあげた当人が死体で発見された・・・。

ハタピーより借り読み。いーちゃんが語り手であるにも関わらず、正直前作では玖渚ちゃんの印象ばかりが強く残った。しかし本作は、いーちゃん(いや、今回はいっくんと呼んだ方がいいのかw)が遂にその姿を現してくれた、とでも言おうか。。 後味の良い作品では決してないと思うけど、スゴイ作品だったことは確か。女子としてまぁ巫女子ちゃんの気持ちは分からんでもない(いや、分かると言うべきか)けど、この場合”正常”なのは巫女子ちゃんのココロなのかいっくんのココロなのか、否どちらも所謂”正常”ではないのか。。 しかし最も恐るべきは西尾維新(お若いのね~)か。この人ってば何者?

クビシメロマンチスト

|

« 高田馬場 叙々苑。 | トップページ | 天丼&野菜ジュース(711) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 叙々苑。 | トップページ | 天丼&野菜ジュース(711) »