« 高田馬場 一富士。 | トップページ | 京都&スペイン土産。 »

2010年4月19日 (月)

アイ・アム・レジェンド(2007・米)

あらすじ:2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々・・・。

昨晩TVでやってたのを何気なく鑑賞、してたんだけど、なかなか面白かった。ウィル・スミスも普通に好きだし、こーいうストーリーも好きなので。犬も良い子で可愛かったdog しかしロバート博士、1人でせっかく頑張って頑張って戦って来ただけに、最後の辺りはなんだかちょっとガッカリさせられた。。 生存者の母子が現れた時はちょっと嬉しかったんだけど、結局彼らのケアレスミスのせいでダークシーカーズに家を突き止められちゃったわけだし。。 大事に取っておいたベーコン、というささいな件ですらなんだか悔しいcatface

005

|

« 高田馬場 一富士。 | トップページ | 京都&スペイン土産。 »

コメント

こんにちは♪
これ、基本的には面白かったけど、少々尻つぼみ感アリでしたね ( ̄ω ̄;)!!

投稿: あばた | 2010年4月20日 (火) 08時29分

そうなんですよ、まさに尻つぼみ・・・。私的には、あの母子が出て来たあたりから失速したというか、大雑把になったというか・・・。もったいないcatface

投稿: FUH | 2010年4月21日 (水) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 一富士。 | トップページ | 京都&スペイン土産。 »