« 大山 さい。 | トップページ | カレー鍋。 »

2010年1月10日 (日)

シーズ・ソー・ラヴリー(1997・米&仏)

あらすじ:無軌道だが、激しく愛し合うエディとモーリーン。ある日、自分の留守中にモーリーンが隣人に暴行されたことを聞いたエディは、怒りで我を忘れ、銃を片手に暴れ回り逮捕。施設に収容されてしまう。そして10年後、新しい家庭を築いている彼女の前に、退院したエディが姿を現す・・・。

レンタルDVDにて鑑賞。tomoが「ジョン・トラボルタが出てるから」という理由で借りて来て、全く予備知識無しで観たんだけど、、超イラッとしたannoy ひと言で言えば、モーリーンというワガママで自己中な女が、人を傷つけても自分勝手に生きてる話。それもこの女がとびきりの美人ならまだ許せる(差別的表現で申し訳ないけど)が、ブスときたもんだgawk 何が「She's so lovely」だか。。 (再度、差別的表現で申し訳ないけど)そもそもヒロインが美しくも可愛くもない(まぁtomoには「FUHの基準は厳しいcoldsweats01」と言われるけどw)映画を観ると、なんだか時間損した気になるんです、私catface その上、人間性までブサイクだったらもうangry ちなみにモーリーンを取り合う男2人も、キレっ早くてムカつく。どっちもキライpunch みんなそんなに自分が1番大事なら、子供なんか作るんじゃない!って話。

31me5gesmsl__sl160_

|

« 大山 さい。 | トップページ | カレー鍋。 »

コメント

確かにヒロインがキュートか否かで
映画に入り込めるかどうか左右されるよね~。
(スパイダーマンとか、全く入り込めなかったなあ・・・sad

>何が「She's so lovely」だ
upこのツッコミ、笑ろたgood

今年もよろしくねwink

投稿: ヒロッチ | 2010年1月10日 (日) 23時51分

新年早々の私の暴言記事に付き合ってくれてありがとcoldsweats01
こんな私ですが、今年もよろしくねwink

私は基本”女子好き”だし、ヒロインはホント重要shine
ストーリーがイマイチでもヒロインが可愛かったら
まぁいいかぁ~lovely って穏やかに許せるww

投稿: FUH | 2010年1月11日 (月) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山 さい。 | トップページ | カレー鍋。 »