« 靴下が・・・ | トップページ | ナイトミュージアム2(2009・米) »

2009年12月19日 (土)

ナルニア国物語~第1章 ライオンと魔女(2005・米)

あらすじ:第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開で田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、そして無邪気な末っ子のルーシー。遊び盛りの4人は、屋敷の中で隠れんぼを始める。末っ子のルーシーが隠れた部屋には衣装ダンスがあり、扉を開けるルーシー。すると、そこは一面に雪が降り積もる森だった。衣装ダンスは、別の世界への入り口だったのだ・・・。

TV録画してあったので鑑賞。タンスが別世界に続いていたり、タムナスさんが不思議な生き物だったり、エドマンドにイライラさせられたり、喋る動物たちが可愛かったり、素敵なアイテムがプレゼントされたり、正義は勝ったり・・・うん、ファンタジーの王道だったsmile 何の気無しに観たけど、楽しめた。キャスティングは最初、え~もっと可愛い子役を使えばいいのに(特に長男長女)・・・と思ったけど、可愛すぎないのが逆に自然でいいのかも・・・と途中からちょっと考え直したw ちなみに「白い魔女」と「タムナスさん」は、やたらハマってたかとw

T0003296

|

« 靴下が・・・ | トップページ | ナイトミュージアム2(2009・米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 靴下が・・・ | トップページ | ナイトミュージアム2(2009・米) »