« 鍋。 | トップページ | 看守眼(横山秀夫) »

2009年11月23日 (月)

茶室殺人伝説(今野敏)

あらすじ:古都・鎌倉、相山流茶道の家元邸で開かれた茶会は御曹子婚約発表の場でもあった。その席で、ある男が胸に包丁を突き立てた死体となって発見される。手伝いとして現場にいた小高紅美子は、家元の次男・秋次郎や県警の安積刑事と流派に隠された伝承と戦国時代にさかのぼる怨讐を追う。

ミノルンより借り読み(先月の入院中に)。今野敏の新しい発見(茶道にも詳しいとは・・・。高校、大学と茶道部だそうでつcoldsweats02)でもあり、いつもの発見(武術的な・・・)でもあり、だった。それらが興味深く融合したストーリー(しかも話の始まりは千利休にまで遡る)で、なおかつ恋愛模様もありで、面白かったhappy01

茶室殺人伝説

|

« 鍋。 | トップページ | 看守眼(横山秀夫) »

コメント

久々の本だhappy01
手元にこの本あるんだけれど…読めてません。
タイミング悪く、外出中に読み終わり急遽本屋で別のものを購入したりで。
それにしても今野氏は興味広いなー。

投稿: yumiko | 2009年11月23日 (月) 23時01分

お、もう手元にあるのね~、さっすが~happy01

今野敏、ホント幅広いよね!
茶道もかい!!って独りでツッコんじゃったよw

投稿: | 2009年11月25日 (水) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋。 | トップページ | 看守眼(横山秀夫) »