« 夜。 | トップページ | 一ヶ月検診。 »

2009年11月19日 (木)

ガキ帝国(1981・日)

あらすじ:昭和42年。大阪ではキタの北神同盟とミナミのホープ会の二大グループが激しい抗争を繰り返していた。そんな中、少年院帰りのリュウ(島田紳助)と仲間のケン(趙方豪)、チャボ(松本竜介)は、徒党を組むことを良しとせず自由に生きることをモットーとしていたが・・・。

tomoが「30年近く前の島田紳助を観てみたい!」とGeoで借りて来てたので、一緒に鑑賞。・・・まぁ正直興味のあるジャンルではないけど、普通に面白かった。ちなみに井筒和幸監督の出世作だそうでつ。主役の3人、それぞれに味があってよかった。でももう既に2人鬼籍に入ってるということで残念catface ”明日のジョー”こと高役の升毅さんは今でもご活躍だけど、この作品でもう何かオーラ的なものを感じたflair

10146547872_s

|

« 夜。 | トップページ | 一ヶ月検診。 »

コメント

そういえば最近また見てみたんだけど、
瀬戸内少年野球団(1984)の紳助もインパクトあるね。
仲村トオルのビーバップも面白いけど、
江口洋介と織田裕二の湘南爆走族も面白いよ。

投稿: ともやん | 2009年11月25日 (水) 14時48分

瀬戸内少年野球団、名前は知ってるけど、どんな話なのか知らないわ。っていうか、紳助がそんなに役者業もしてたなんて知らなかった、びっくり。
湘爆も見たことないけど、興味アリ。そのうちトライするsmile

投稿: FUH | 2009年11月29日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜。 | トップページ | 一ヶ月検診。 »