« 711。 | トップページ | 秀よし 酒まんじゅう。 »

2009年8月27日 (木)

特殊防諜班 凶星降臨(今野敏)

あらすじ:元自衛官・真田武男は首相の特命を受け緊急事態に対応する調査官であり、”十支族”の末裔・芳賀恵理たちを守る存在でもある。凶行を繰り返す過激派メンバーを追跡するが・・・。一方、ヨーロッパで拉致された”盟友”ザミルは、新人類委員会の首領と対面する・・・。

ミノルンより借り読み。このシリーズも好きhappy01 真田、ザミル、芳賀一族(・・・ついでに早乙女も入れておくか?w)の結びつきが、1作ごとに強まっていくのが嬉しい。恵理の存在は、実戦的にも癒し(和み?)的にも大きいなぁ。さて、本作にてやっと新人類委員会のボスも見えたし、、また次作も楽しみ!

特殊防諜班 凶星降臨

|

« 711。 | トップページ | 秀よし 酒まんじゅう。 »

コメント

やっぱり面白いですよねーheart04
今回、改めて真田の微妙な立場を感じました。
ま、この人はなにやっても生きていけそうだけれど。
私も恵利の存在はとっても和みます。
闘いの中なんだけれど、真田、ザミルとたたく軽口が清涼剤のようです。

投稿: yumiko | 2009年8月27日 (木) 19時50分

うん、やっぱり面白いね!
STの次に、このシリーズが好きだなぁ~。
登場人物たちのイイ関係が見える作品って、
なんかイイよね~happy01
あの回線には、ずっと生きててほしいねv

投稿: FUH | 2009年8月28日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 711。 | トップページ | 秀よし 酒まんじゅう。 »