« 牛ステーキ定食(一富士) | トップページ | 台湾土産。 »

2009年6月17日 (水)

臨場(横山秀夫)

あらすじ:臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。人呼んで『終身検視官』・・・。

ミノルンより借り読み。今クール、ドラマでやってるなぁ~と思いつつ、読んでなかった作品。短編8編ほとんど面白かった。短編だけど、珍しく物足りない感はなかったなぁ。。 完璧な仕事だけど”マシーン”的ではない、人間らしい倉石がよかった。なんだか気がかりな終わり方だったけど、倉石にはまだまだ元気で、もっといろんなことを教えてほしいものです。

臨場

|

« 牛ステーキ定食(一富士) | トップページ | 台湾土産。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
本もやっぱり面白いのですね。
これ、ドラマは見てます。相棒と同じ時間帯だから忘れずに見ることができてます。
倉石のキャラがなかなかいいですよね。ちょっと抜けてそうなんだけど鋭い。(ドラマで受ける印象ですが)
本も読んでみたいな~。今、横山秀夫氏の「半落ち」を読んでます。これもWOWOWのドラマで見てしまっていてストーリーは解っているんですけどね。
最近、この辺の作家さんのお話がドラマ化されることが多くて、嬉しいような迷惑なような・・見なきゃいいのに見てしまうからな~ ( ̄ω ̄;)!!

投稿: あばた | 2009年6月17日 (水) 17時01分

私はドラマ化されるかなり前に読んでました。
一時期読む本すべてが横山氏だったから・・・
そして倉石はすごく好きでした。
私もやっぱり短編ではなく、シリーズものとして倉石作品やってほしかったなと思います。
ドラマはいい感じなんだけれど、横山氏の臨場とはちょっと違いますね。
もっと緊張感あふれる感じかな?
でもドラマも面白いですよheart04

投稿: yumiko | 2009年6月17日 (水) 21時16分

あばたさんもyumikoちゃんも、ドラマ押さえてるのね~。さすが!
私は結局、臨場もハンチョウも一度も見れぬまま・・・coldsweats01
映像は映像、本は本で、別物としてどちらも楽しめれば最高ですねー。

投稿: FUH | 2009年6月24日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛ステーキ定食(一富士) | トップページ | 台湾土産。 »